ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Happy Hour
セント・パトリックス・デーは昼間からバーでお酒を呑む沢山の人たちを見る、僕にとってとても嬉しい日なのであるが、これは酒を呑むのが好きな人にとっては理解しえる感覚ではないだろうか。

夜を待たずして昼間から盛り上がるこの日は、何だか街中がお祭りになったようで、外部から見ていても楽しい気分にさせられる。

実際アイリッシュの方々の呑みっぷりは凄まじく、僕など到底及びもつかないだろうし加わって楽しむ勇気もないのだが、お酒を呑む場の雰囲気というのは楽しそうで良い。

ベンは将来お酒を飲むようになるのか?というのは楽しみでもあり、心配でもある。もっとも本人はチキン・ウイングやオニオン・リングなどのバー・フードが好物ということもあり、「21才になったら一緒にバーに行くかい?」と訪ねると「Yes, I go to the bar and eat chicken wing and drink a beer」と答えている。

自閉症者に関する飲酒についてサーチをかけてみると、検索されるのはほとんどが母体の飲酒と自閉症の関係についてで、なかなか当事者の飲酒についてのレポートが少ないのだが、YouTubeに面白い投稿があった。

アスペルガーの息子さんを持つ母親が、息子さんが飲酒したときの様子を語っており、「お酒を飲むと、社交的になるのですが酔っているようには見えません」と言うもの。下にはたくさんの書き込みがあり、当事者自らが「リラックスできる」とか「1杯でクラクラになる」とか「すぐに眠くなる」などとあった。

ある意味常に興奮している状態にあるので、リラックスできるのかもしれないが、とても興味深い。

専門の方から見れば、飲酒を勧めるなんてとんでもないと怒られてしまいそうだが、僕はベンがきらびやかな電飾の飾られたバーでカラオケを歌ったりするのを見たい気もする。

先日演奏をさせて頂いたニュージャージーのレストランでは、8人程で食事をしていた中年の自閉症者らしきグループを見かけたのだが、注意深く見てみると人によってはグラスワインなどを飲んでいる方もおられる。

殆ど会話をすることもなく一緒に食事をして、音楽を聴いて、ただそれだけなのだが、そこにはお酒を介した楽しい雰囲気があった。


f0097272_13535265.jpg
[PR]
by gakuandben | 2009-03-23 13:53 | 自閉症に関して
<< 鏡の向こう側 If I could draw... >>