ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ガールフレンド
ベンの学校では、ボランティアの女子高校生が1対1で会話の練習をしてくれる授業がある。担任の先生によると、年頃の女の子達に会えるこの週に一度のクラスをベンは心待ちにしているそうなのだが、実際に会話のスキルも着実に身に付いているようで有り難い。

先日、このクラスでの会話の中でガール・フレンドの話になったそうなのだ。

「ベンにガール・フレンドはいるの?」

ベン「Yeah......」

「ベンのガール・フレンドは誰?」

ベン 「ジニア」(同じクラスの女の子)

「彼女とデートするの」

ベン 「Yeah, I go to the movie theater」

「へえー」

ベン「Oh, I take her to a bar before the movie, and have some drink」(おっと、映画の前にバーに連れて行って、ちょっと飲むんだ)

「....................」

映画やドラマで得た知識なのだろうか?バーに連れてゆくとはなかなかのものだ。
ベンに直接訊いてみると、確かにジニアのことはお気に入りで彼女は映画が好きなそうなのだ。

「ガール・フレンド」はどんな使われ方であれ、何とも魅力的な響きを持った言葉だ。

ベンの年齢である16歳は「ガール・フレンド」という言葉にどきどきしてしまう年だったなというのを思い出す。「おじさん」と呼ばれる年の人たちに「ガール・フレンド、いるの?」とひやかされたりすると、うれし恥ずかしい動揺をしてしまう年頃でもあった。

「そうか、ベン。凄いなあ、21歳になったらバーにも行けるし、それまでにナイスな会話が出来るように練習しておかないとな」

「Yeah, I go to a bar when I am 21 years old.....」とベン。

ガール・フレンドとバーに行ってからお気に入りの映画を観る夢。

ベンがデートをして帰ってきたなら、それは僕らにとっても本当に夢のように嬉しい事なのだろう。



f0097272_7342016.jpg
[PR]
by gakuandben | 2009-11-12 07:42 | 自閉症に関して
<< ともだち You've Got ... >>