ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
クローズ・マイ・マインド
自閉症は本当に様々で、軽い人はちょっと変わった性格というくらいからはじまって、重い人は歩けないくらいひどい。

12歳のベンの障害の程度は、必要最低限の会話は何とか成立して、身の回り(食事、トイレ、おふろ)の事も自分でできるけど、一人で外を歩かせることは出来ない。というのが適当だろうか?

一人で歩くとどうなるかというと、本人もしばらく気が付かないのだが、自分が一人だと思った途端、「マミー」または「ダディー」と叫び出し、大声でかんしゃくを起こすというのが大体のパターン。

これは、時々ショッピングモールなどではぐれると、起こってしまう。大声を出すのでこちらが気が付くので結果として良いのだが、自分で勝手にあちこち歩き回って、こちらは見失ってクタクタのところに大声で叫ばれて、周りの人から冷やかなまなざしを受けるという、なんとも悲しい結果となる。

会話に関しても、質問に答えはするが、大事なことで無い限り、心ここにあらずという状況で、適当に答えていることも多い。

あと、よく誤解されているのが、自閉症という文字からのイメージで、暗く、こころを閉ざした人とか、自分の世界に閉じこもったという表現のひとつとして使われたりすることがあるが、これも、自閉症の種類によった多種多様で、社交的で良く喋るひともいれば、イメージ通りの人もいると行った具合。

ベンに関しては、自分の世界は完璧にあるけど、決して閉ざしているというイメージはなく、バタバタと動き回ったり、大きな声で独り言を言っていたりで、逆にうるさい位。自分の世界を一般の人にも見せたいとでも思っているかのようだ。

ある国会議員の人が、議事後のインタビューで「これじゃ、自閉症になっちゃう」なんて発言していたけど、これも、イメージで自閉症を誤解している例。大体、「なっちゃう」ものじゃないからね。

英語ではAutismというので、誤解の心配は無いのです。
[PR]
by gakuandben | 2006-03-23 14:58 | 自閉症に関して
<< ソング・フォー・ミー ビギン・ザ・ビギン >>