ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ソング・フォー・ミー
今日は午後、ベンの学校に行って、定期的に行われる保護者面談のついでに、クラス学習のインタビューを受けて、さらにベースも弾いてきた。

ベンの通っている学校は、自閉症の子を中心に、メンタルな部分で障害のある子供たちが、年齢や障害の程度などによってクラス分けされている、公立の学校。普通の子が通う小学校の4階フロア全体を、間借りしている。

ベンは僕が来る事に興奮して、午前中に泣いたりしたようだが、僕が来た時は別に平然としていて、何なんだって感じ。

インタビューは生徒が色々な職業の人にインタビューして、それをテープに録音して後でまとめる、というもので、かなりチャレンジングな課題ではあるが、ベンと3年近く同級生のダニーシャが一生懸命質問してくれた。

インタビューが一通り終わり、クラスの子全員の前でベースを弾いて見せる。
「ベースから始まる曲はいっぱいあるんだよ」と言いいながら、ドッグ・オブ・ザ・ベイのイントロを弾いていると、丁度のタイミングでダニーシャが歌い出した。

Sittin' in the mornin' sun
I'll be sittin' when the evenin' come

無表情で、完璧な音程とリズムで歌うその目からは、何か光線のようなものが見えた気がした。

自閉症の子とかかわって、一番の喜びは、突然何かの才能が溢れ出る時。本人も知らないうちに、周りの人が驚くような才能が育っていることがある。そしてそれは、人に褒められるためのものではなくて、ただ、自分にとってのものなのが、純粋で心うたれるんだ。

最後は、みんな交代でベースを弾いてみました。f0097272_1421548.jpg
[PR]
by gakuandben | 2006-03-24 14:24 | 自閉症に関して
<< ビート・ゴーズ・オン ! クローズ・マイ・マインド >>