ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
スマイル
ベンが4歳の時、自閉症の専門医のところに初めて連れて行った。

子供専門の病院なので、待合室には車椅子に乗ったままの本当に重い自閉症の子から、ベンのように多動であちこち走り回っている子まで様々だったけど、何よりも密かにショックに感じたのは、障害者の親として、自分もここに居るんだなということだった。

まだ、自覚が足りないというか、覚悟が出来てない僕は、その当たり前の強烈さに怖じ気づいていた。

動き回るベンを追いかけるのに、待合室のあちこちの場所に動くことになるのだけど、親たちはみんな寛容でみんな「ああ、この子は多動なのね、自閉症の典型的な症状だものねえ」と理解してくれているのがわかる。いつも迷惑を気にしてはらはらする普通の環境で過ごしてきたわけだから、理解してもらえる人達の中では本当に気が楽だ。

はたと気づくと、ベンのことをにこにこしながら見ているチャイニーズの夫婦の方がいた。まるで孫でも見るかのように目をほそめて、ベンの事を見てくれるなんて、ここのところデイ・ケアで問題も多く、悩みも多かっただけに、なんだかこちらまで嬉しくなった。

でも、その夫婦の前に居たのは、特別製の車椅子に乗ったベンより5つは年上であろうと思われる話す事も、歩くことも困難な重度の自閉症児。僕もそれを見るや否や、すべて納得させられてしまった。

ちょっとしたベンのパニックで、いらいらして人にあたったりする自分が恥ずかしい。
[PR]
by gakuandben | 2006-03-30 15:26 | 自閉症に関して
<< Spring really g... ビート・ゴーズ・オン ! >>