ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
プレイ ボール
松井が好きだ。
アメリカ野球の中で、日本のスタイルをうまく表現できているのを見るのが本当に心地よい。

今日はバーで野球観戦したけど、日本人というだけでこんなに楽しい思いができるのも、松井のお陰。ホームランを打ったあとにはバーテンダーから日本酒まで御馳走になった。

残念なことに、自閉症のベンはゲームの面白さを理解することが出来ないので、野球は好きでない。ヤンキースとメッツ両方の球場に連れていったけど、「I love baseball」とは言うものの、ゲームの進行を楽しんでいる様子はなく、ホットドックとコーラが飲めるのを喜び、電光掲示板や、大きな看板の文字に見とれていた。

飽きて来ると、席から離れたり、やたらトイレに行きたがったりするので、ヤンキースの時は遅めに行って早めに帰り、特にメッツの時はカズ松井が失策して地元ファンからブーイングされて、日本人として居心地が悪くなったこともあり、3回で帰った(これ、半分はベンのせいじゃないよね)。

下の子がヤンキースの大ファンなので、去年シーズン・オフの時にスタジアム・ツアーに行った。結構セキュリテイが高圧的な感じのツアーだったので、ここは入っちゃいけませんとか、写真はダメとか、難しいことを言われまくられていたが、クラブハウスでは、松井のロッカーの前に日本から届いたうどんの箱とか、伊藤園の「お〜いお茶」が棚の上に10本くらい並べてあったりと、それなりに楽しいものだった。

ベンチに座って記念写真を撮ったりして、ツアーも終わりに近づいて最後に、モニュメント・パークと、ブルペンを見ることになったのだが、ここで、恐れを知らないベンの本領が発揮される。

モニュメント・パークを見学しているスキに列から離れたベンは、勝手にブルペンに入り込んで、マウンド付近でなぜか踊るようにランニングしていたのだ!

それを見た他の見学者たちも、ベンのナチュラルな行動につられて、続々とブルペンに足を踏み入れて、写真撮影などをしていたのだが、セキュリティの一喝により、実はそこには入ってはいけないことが知らされる。

自閉症の人に規則を伝えるのは、文字に書いて伝えるのがベスト。特に、あいまいな規則を察するということもしないので、口頭でも事前にはっきりと伝えておくのが良い。

とはいえ、僕はナチュラルなベンの行動につられて一緒にブルペンに入った人がいたことが、すごく嬉しくなった。だって、規則が無ければ誰だって同じように入ってみたいって考えるわけだから。

いつも思うことがある。

自然の規則だけに従って。原始社会で生きてゆけるなら、ベンの自閉症なんて何にも気にする必要が無い。むしろ、本能的な分、他の人よりもサバイバルに強いかもしれないね。他の人の迷惑になったり、人と一緒にこの社会の中で生きてゆくために、守らなければいけないことがあるわけで、普通の人なら容易に理解できるそれを、彼らは時間をかけて一生懸命に勉強しなければならない。
f0097272_15422969.jpg

[PR]
by gakuandben | 2006-04-04 15:33 | 自閉症に関して
<< True Money is Money >>