ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
バイリン・キッズ in アメリカ
2ヶ月ほど前、こちらで子供を育てている日本人向けに行われた「言葉の発達」に関しての会合に参加した。

僕自身の勘違いからか、集まっていらしたのは僕以外全て健常児の親で、とても自閉症に関する質問ができる状況ではなかったので、とりあえず話を聞かせてもらうことにした。

話題の焦点は、「どうしたらバイリンガルの子供に育てることができるか?」ということ。たくさんの親が子供に期待しているスキルのひとつなんだということを実感する。正直言うと、僕もアメリカで日本人の子供を育てれば、自然とバイリンガルになるもんだろうと思っていたのだが、実際はそうではない。

バイリンガルのよくある2大パターンとして、ことばの発達がほぼ完成する頃まで違った国に住み、そのまま母国に帰国定住するというタイプと、母国語の環境の中に住みながら、違った言語を使う学校に通わせるタイプがある。西田ひかる(8歳までロス在住)と、宇多田ヒカル(日本のアメリカン・スクール卒業)が良い成功例。もちろん、本人の素養と努力もあったことに違いない。

というわけで、ずっとこちらに定住して日本人の親に育てられるというのはちょっと訳が違ってくる。中でも僕が一番実感したのは、学校の影響が絶大なこと。子供にとってすべての社会になっちゃうところで英語が使われていれば、これはもうどうしようもない。おまけにウチの場合、ベンが自閉症ということから、「言葉は1つにしてください、混乱しますから」という指示が医者から出されていたので、家でも子供に英語を使うようになってしまう。

2つの言葉を喋れるようにするには、完全に違った2つの環境をあえて作り出すのが良いようで、家では日本語しか喋っちゃいけませんとか、親が子供に対して全く英語を喋らないようにしている家庭も多い。お母さんが日本語、お父さんが英語という家庭も大変なようだし、さらに読み書きというところになると、土曜日に日本人学校の補習校に通わせたりと、子供も大変だ。

ウチの場合、結果として、9歳の下の子はいくつかの日本語は理解しても喋るのは数語程度。こちらで日本語ちょっと知ってる、日本通のアメリカ人というレベルだろうな。本当は下の子に対してだけでも、日本語で喋るようにすれば良かったのだが、兄弟で使い分けるというのはかなり難しく、挫折してしまった。面白いことに自閉症であるベンの方が言葉に対しての柔軟性が高くて、色々と日本語を知っているし、理解できている。

もともとベンは文字に対する執着が強くて、ひらがな、カタカナは教えなくても、3、4歳の頃、音声の出る「あんぱんまんのあいうえお」といったおもちゃで遊んでいるうちに覚えてしまった。視覚的にもよく覚えるので、ひらがな、カタカナと簡単な漢字までは読むことができる。ところが、普段の(英語での)会話となると12歳としては語彙に乏しく、コンピュータが喋るような型にはまったものになってしまう。

でも最近思ったのは、ベンが小さい時に医者に言われた「言葉が混乱する」というのは、ある程度言葉に対しての基本ができるまでの間で、それが出来てからは、逆にそのレベルなりに色々な言葉を学んでも良いんじゃないかって事。視覚で覚えることも得意だし、音をキャッチして口まねするのも得意だからね。それに、言葉というものを、僕らとはすこし違ったとらえ方をしているんじゃないかとも思う。お医者さんに言ったら怒られそうだけど、逆に言葉の発達に効果があったりしないかな?





f0097272_5133738.jpg
[PR]
by gakuandben | 2006-04-08 05:18 | 自閉症に関して
<< 僕わかってます。 Brother to Brother >>