ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
僕わかってます。
いつも夏になると公園にあるプールに子供を連れてゆく。歩いて2ブロックのところにある無料プールは意外と奇麗で、僕ら庶民にとってはこれとない穴場の避暑スポットになる。

そんなわけで、子供が暇を持て余す夏休みには、ここのところ毎年のようにプール通いをするようになったのだが、そこで、毎年見かける母と子がいる。昼下がりのプールで毎日のように合うその親子は、40歳を過ぎたくらいの自閉症者とそのお母さん。

僕と同じ年ごろに思えるその男性は、多少の言葉は喋るようだけど、チックがひどくて水面をバシバシ叩いたり、叫んだりするので、ちょっと周りの人を怖がらせてしまう。でも、もう70歳を過ぎたかと思われるお母さんにとっては、いつものことのようで余裕で監督している。プールサイドでも水着を着なくてはならないのでお母さんも大変だ。

「ベンはまだ少年だから、今はあまり目立たないけどこれから大きくなってゆくと大変だなあ」なんて考えながら、そのお母さんの苦労を考えてしまうと涙がでるほどに辛い。

僕は自分がそういった子供を授かったことによって、あなたの大変さが本当にわかりました。年老いた今、お母さんがいなくなった後、息子さんのことをどうしましょう? そのフレームには、障害児を持った親ならだれもが考える一番大きな不安が全部入っていた。

そんな一瞬の風景から、僕のような立場に無い人でも、彼と、彼のまわりにいる人達の事をちょっとだけでもわかってもらえたらと思ったのが、このブログを始めた大きな理由です。そして僕の発信したメッセージが1ミリでもそんな理解の助けになれば、本当に嬉しい限りです。

1月頃、下の子と、極寒の誰もいない公園にスクータを乗りに行ったら、あのプールの母子が来ていた。彼には「天気の良い日は必ず公園に来る」というこだわりがあるのかもしれない。お母さんは凄く厚着をしていたけど、あの年齢ではかなりきついだろう。お母さん、どうかいつまでもお元気でいてください。
[PR]
by gakuandben | 2006-04-10 14:37 | 自閉症に関して
<< Wedding Band バイリン・キッズ in アメリカ >>