ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
真冬のブランコ
アメリカの学校は今、春休み。子供が学校に行き始めてから、就学時間イコール自分の時間だったのが、休みの時には完全に子供のための時間になる。妻も昼間は働いているので、たったの1週間半だけど、かなりの覚悟が必要だ。

学校が休みになるともう一つ大きな課題になるのが、以前のブログでも書いたように、ベンの行きたいところに対する「こだわり」への対処。どんな子供でも休みになれば、行きたい所ややりたい事があるだろうけど、ベンの場合はちょっと強力で、とにかく必ず行かなければ気が済まないところがある。そんなわけで僕ら家族の週末の過ごし方の基本になっているのは、ベンの行きたいところにとりあえず行くことになっているくらいだ。

ここのところ2、3年は本屋とビデオ・ストアー、その前はオモチャ屋さんだった。もとを辿ると公園でのブランコだったかな?とにかくそこに行く事が、ベンが一日をハッピーに送るための条件とも言える。

全く同じ場所に行かなければならない訳ではないので、日によって場所が変えられるし、マンハッタンに住んでいることで、色々と本屋や公園にバラエティがあるのがラッキーだった。まあ、それでもこういった連続した休みの時はなかなかキツい。

こちらも毎日そういったところに連れてゆくのも大変なので、何とか短く楽にしようとするのが、結果として彼のストレスになってしまうようで、あまり満足できなかったりすると、全ての行動でイライラを発散させようとする。だから、満足出来ていない時に予定の変更などのさらなるストレスが加わると、かんしゃくを起こしたりして大変なことになってしまうパターンがよくある。

4、5歳の頃は、こんな時よくひっくり返って泣いていた。これはいわゆるダダッ子がよくやる事だが、ベンの場合は原因が分からず、何かを買い与えれば済むというわけでもないから、右往左往しながらその原因を探っていた。今は大声で叫んだり、物や壁を叩いたりし始めるので、外出先ではかなり大変だ。もう12歳なので、力も強くなって、かんしゃくを起こすとかなり目立つし、見ている人も怖いだろう。

でも、そのイライラの背後にあるのは、何かもっと大きな欲求不満なんじゃないかということに最近気が付いた。例えば、何か買いたいものがあるのだけれど、うまく説明できなかったりとか。だから最近は言葉もよく使えるようになってきたので、何が問題なのかよく聞き出すことにしている。そして、それが可能なことなら、例えばいつ買うとか、出来るだけ具体的にしてあげるのが良いみたいだ。不可能なことなら、その理由を説明して、代わりになるものを探させる。

普通の子供なら、何の問題なく出来る「おねだり」も、どちらになるかわからない中間的な感覚や、人の顔色をうかがうことの苦手な彼らにとってはかなり難しいことなのだろう。

真冬の公園でさえ、いつもブランコに乗りにいったベンは、まだブランコが好きかな?
f0097272_2357445.jpg
[PR]
by gakuandben | 2006-04-18 11:51 | 自閉症に関して
<< エ(イ)クスキュース・ミー なんでも訴訟の国、アメリカ >>