ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アイス・ディスペンサー
最近のベンの行動でとても有り難いことがある。冷たい飲み物が好きな(というか、飲み物は冷たくなくてはならない)ベンは学校から帰ってくると、大好きなソーダを飲むのを習慣にしているのだが、買い置きしてあるソーダを冷やし忘れてしまっていることが多く、氷を入れて飲むことを覚えてからは自分で氷を用意するようになったこと。

「Get Prepared、オッケー!」と言いながら、製氷皿の氷をバリバリと割っている。よく見ると、氷の破片を散らかさないように下にタオルが敷いてある。ウチでは割った氷をジップ・ロックの袋に入れて保管しておくのだが、ベンこの袋にストックされている氷が充分でないと心配なようだ。そして、経験から氷がすぐには出来ないこともわかっているので、氷を取り出した後はすぐに水を入れて冷凍庫に製氷皿を戻している。

数分後には、お気に入りのトール・グラスに注いだソーダをストローで飲むベンがコンピュータの前に座っているというのが、帰宅後15分後の風景。カロリーと興奮
を抑えるため、ダイエットのデカフェイン・コークだけど、ソーダ好きのベンはこれでいつもハッピーだ。

自分が気に入った方法で飲むために、自分で用意して、先のことを考えて準備までするというのが、将来、何らかの仕事ができるようになることにつながってゆけばと願う。

もう一人ハッピーなのが、深夜にウイスキーのソーダ割りを作る僕で、面倒くさかった氷を割る作業がなくなり、いつもバッグ一杯の氷が冷凍庫で待っている。
f0097272_452365.jpg
[PR]
by gakuandben | 2006-05-10 04:50 | 自閉症に関して
<< T-Shirts KING プロフェッショナル >>