ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
T-Shirts KING
季節が変わった。やっと暖かくなってTシャツでも外を歩けるようになったけど、ベンは随分と前からTシャツだけで学校に通っている。というのも、ベンにとって季節が変わるのは、テレビのチャンネルが変わるような感覚で、捉えられているようで、「It's spring I have to take T-shirts」とか、「No more jacket for spring」などと言ってジャケット類を着る事をやめてしまう。

その時期というのをどのように把握しているのかは、聞き出せないのだが、どうやら、テレビ(ベンはNY1というローカルニュースをよく見ている)とかで、「Spring is here」などと暦上のことを言っていたり、暖かい日があったりするのがきっかけになっているようだ。あと、カレンダーも理解しているので4月からはスプリングだと決めている可能性もある。

困るのは寒い日だ。4月とはいえNYでは気温5度といった日も少なくはなくて、実際には皆まだコートが手放せない状態なのに、ベンは一人半袖Tシャツでスクール・バスを待っている。ちょっと異様な光景に、親切心おばあさんが「オー、ディア、あんたのジャケットはどこ?風邪をひいてしまうわよ〜」と忠告をしてくれるが、ベンが耳を貸すわけもなく、完全無視でいつものようにパンパンと手や体を叩いている。どこかで見たような光景、相撲取りが場所前に体をパンパン叩くのと似ている。実は寒いと感じている皮膚に気合いを入れているのか?

さすがに、あまりにも寒い日には無理矢理にでも長袖を着るさせようとするのだが、「It's spring ! I don't need this!」と怒り出してしまうので、とりあえず手にもたせるか、バッグに入れるということで解決させている。

そして10月くらいになるまで、ベンは半袖を突き通し、大好きだった夏が終わり「Fall」の認識をするや否や今度は「It's winter time, I need a jacket」ということになり、一番上まできちんとジッパーを上げた、ジャケットを着ているベンがバスを待つ。f0097272_472135.jpg
[PR]
by gakuandben | 2006-05-11 04:03 | 自閉症に関して
<< 深夜放送 アイス・ディスペンサー >>