ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Straight from the heArt
ベンの学校では、自閉症児のアート作品を一般の人達に見てもらうためのアート・ショーを毎年開いていて、僕はそのイベントにジャズの演奏という形で参加をしている。ブロード・ウエイの96丁目にあるコミュニティ・センターを借りてアートの展示をするのだが、部屋のサイズもよくあるアート・キャラリーと同じ位でちょうど良い。おまけにブロード・ウエイに挟まれた中州の部分にあるので交差点を渡るついでに入ってくる人も多く、「一般の人」へのアピールは絶好の場所だ。

イベント自体が充実していて、毎年良くなっていくのが素晴らしい。3年前に始まったこのイベントの立案者であるロンは、体育の先生でもあり、エネルギーと行動力に満ちあふれていて僕ら障害者の親に元気を与えてくれる。そして何よりも生徒達の作品が面白くて、アートの知識のない僕でも心から楽しめる作品揃いだ。

今回、特に素晴らしかったのは、招待状の表紙にもなったジョーの作品。ベンよりも1つ年上のジョーは僕より背が高く、すでにうっすらとヒゲさえも生えたアフリカン・アメリカンの男の子。もの静かで眼鏡をかけたアーティスト風のジョーが描いたのは、アポロシアターの前でビッグ・バンドが演奏している絵だった。鉛筆で描かれたちょっと漫画タッチの作品は、楽しそうにトランペットやサックスを吹くミュージシャン達。傍らにはベース・プレーヤーが立っていたのも個人的に嬉しい。

どの作品も、人に見られることや、評価されることを期待していないせいなのか、何かストレートに伝わってくる感じがする。ベンは一体どんな作品を描いたのかと見回してみると、最初にあったのは大判紙2枚を使い、ペイントをスプラッシュさせた(本人の説明によるとジャクソン・ポーラック調)作品、そして一筆書きによるNYのスカイライン。そして、ベン・アズ・ミュージシャンというタイトルの自分がドラマーになった夢を描いたものだった。

「ミュージシャン冥利につきるな〜泣かせてくれるよベン!」と感動しながらもう一度見回してみると、もう1つベンの作品がある。何だかなぐり書きのような人の絵だが、よく見ると胸の部分にバツ印が書いてある。タイトルを見ると、「 Girl in bathing suit」(水着を着た女の子)とある。ありゃりゃ〜と思って見ていると、女の先生が、「ベンがこれを書いている時に私が近くに来たら、あわてて胸の部分にバツ印を描いたのよ。」と教えてくれた。もうすぐ13歳になるのだから当然の成長なのだが、最近は水着などの写真に興味があるベンは、自分の興味をストレートに表現したのだろう。

学校の関係で、日本にいた頃から憧れていた有名なドラマーの方との共演というもの凄い「おまけ」までついた今回のアートショーは、僕にとって一生忘れられないものとなった。ありがとう、ベン、そして作品を描いた生徒、先生、来場してくださった方々、ありがとうございました。
f0097272_284464.jpg
[PR]
by gakuandben | 2006-05-23 02:13 | 自閉症に関して
<< Angel in your eyes 耳の記憶 >>