ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
喧嘩のない兄弟
兄弟喧嘩をしたのを覚えている。6歳も年上の兄だったので、動物の本能からして立ち向かうのは馬鹿げていることなのだが、小学校低学年くらいまでは、髪の毛を引っ張ったり、噛み付いたりと出来る限りの方法で立ち向かっていた。それくらい、叩かれると反射的に叩き返してしまうのは、何だか衝動的なものでコントロールするのは難しい。

というわけで、叩かれて、叩き返さないというのは頭で理解して止めなければならないことなのだが、これを小さい頃から実践してくれているのがベンの弟。

もうすぐ10歳になる彼は、物心ついてから、自閉症である兄を理解するのにそんなに時間のかからなかったようにも見える。そして、生まれながらにスペシャルな家族のメンバーと暮らしている僕らの先輩でもある。

僕でさえ、慣れない頃はベンに叩かれて、思わずはたき返してしまう事があったのに、彼は決して叩き返さない。叩かれたのが痛くて何度か泣いてしまったこともあったけど、叩き返さない。ベンがパニックを起こして、家族中がコントロールを失った状態にあっても、一番冷静なのが彼だった。

あまりのひどさに僕が手を出してしまったのを見た彼は、「何で、叩くんだ?ベンは自閉症なんだぞ!そんな事したってわかる訳が無いだろう!」と泣きながら叫んだ。9歳の息子に叱られて、我に返った僕は、興奮のおさまった後、彼に謝ると同時に「いつも助けてくれてありがとう。」と気持ちを伝えると、「しょうがないよ。誰にだってそういう時はある。」と言ってくれる。

友達に自分の兄が自閉症である事を説明して、少しでも自閉症への理解をしてもらおうとする彼は、自然にスぺシャルな人達を見る事のできる天才だ。ありがとうベン、そして弟よ。君が高校を卒業してどこかへ行ってしまう前に、ベンをきちんと理解出来るようにするよ。それまで、色々と教えてください。

f0097272_2313867.jpg
[PR]
by gakuandben | 2006-05-29 23:15 | 自閉症に関して
<< podの中身 What do you thi... >>