ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
言葉の先生
最近のベンは本当に良く喋るようになった。ボキャブラリーがも増えてきたが、長いセンテンスをよどみなく、最後まではっきりと言うようになっている。だからといって、会話が続くかというと、そうではなく一方的に喋り切っておしまいというパターン。それでも5歳から10歳くらいの頃の言葉の発達と比べると、最近になってかなり進歩しているように感じる。やたらといつも独り言を言っているのも無駄にはなっていないんだなと思った。

ベンの普段の生活を見ていると、テレビやビデオ、そしてコンピュータ−のゲームなんかでも、言葉を発するものであれば、とにかくただのサウンドとしてキャッチして口まねをしている。どうやらその時点ではあまり意味が分かっていなくても、後からそのセンテンスの使われる状況が分かってきて、実際の場面で使うようになるという過程を経て、言葉を自分のものにしているように見える。

面白いことに、これが機械的なものや、テレビやビデオなどのいつも同じトーンと調子で喋られているものが良いようで、僕らが普通に喋っている会話のやり取りにはあまり興味を示さない。小さい頃からいつも同じビデオを見たり、学習おもちゃが喋るのを口まねしていたのもそのせいだ。

昨日は夕食を食べていると、早めに食事を終えたベンが、「Daddy, Try not to get angry OK ?」(怒らないようにしてみてください)と言う。僕が「何で?また何か壊したの?」と聞くと「Ben broke a CD-ROM, but try not to get angry OK ?」(CDを壊しちゃったけど、怒らないようにしてみてください)人差し指を一本立てて、まるで先生が生徒に注意するかのようにこちらを見据えて言われたので、怒る気もなくなってしまったのだが、Try not toをうまく使っているので感心した。

Try not to は、Don'tと言ってしまうより柔らかい感じになる言い方で、人に何かを教えたりするときに、キツくならない 言い回しとして便利な言葉なのだが、ベンはインターネットのゲームか何かでこのフレーズを覚えたようだ。

どんな方法で覚えたにせよ、ベンがその言葉を「利用」するようになってきたということだろう。どちらにしても、僕には正確に英語を教えることはできなかったわけだから、本当に助かっている。ありがとう、ベン!

f0097272_354216.jpg
[PR]
by gakuandben | 2006-06-13 03:55 | 自閉症に関して
<< I don't wan... But not for Me >>