ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Save this one for Ben
僕には、仕事で夜中に帰った時に気をつけなければいけない事がある。
お腹が空いて何か食べたくなって、冷蔵庫を開けると出てくる夕食の残り物。これは明らかに「残り物」なのだから普通は食べて良さそうなものだが、食べると次の日に大変な事になってしまう場合がある。

ベンは気に入った夕食が出ると、食べ終わった後に「Save this one for tomorrow 」(明日のために残しておいて)と言って次の日に食べることを決めてしまう。残らなくても残っても、残り物を食べる予約をしてしまうのだ。そして、実際に残った場合にはキッチンに置いてあるお皿を確認して、「I'm gonna eat this tomorrow for breakfast 」(これは、僕が明日の朝ご飯に食べる)と、もっと具体的になってくる。

この、ベンの想いのつまった残り物を、彼らが寝静まった後に帰った僕が、何事もなかったかのように食べてしまうと、次の日の朝、「Oh NO, My breakfast is gone !」(僕の朝ご飯がなくなっちゃったよ〜!)という叫び声で目を覚ますことになる。自分で勝手に作り上げた予定が、ダメになってしまったのを怒っているわけだ。

ベンの食欲は凄まじい。これは自閉症であることとは関係なく、12歳という年齢の男の子(女の子?)なら誰でもそうだろう。とにかく食べたい。よく、仕事に行く前に、僕の分だけの軽い食事を作って食べることがあるのだけれど、作っている最中から、「I smell food, What is this ?」(食べ物の匂いがする。これ何?)とキッチンにやってくる様は、まるでハンターの感覚だ。もちろん気に入った物なら食べさせてくれと頼まれて、結局3分の1くらいを食べられてしまうなんて事もよくある。

何故か頭の中で流れるのは、高校の時に流行った尾崎亜美の名曲(オリビアを聴きながら)。「出会った頃は〜こんな日が、来るとは思わずにいた〜わ〜」。生まれたての赤ちゃんを見て、誰がここまで食べるようになると想像するだろうか?

f0097272_6493463.jpg
僕の好物は「フィラデルフィア・チーズ・ステーキ」
[PR]
by gakuandben | 2006-06-18 06:57 | 自閉症に関して
<< 希望の叫び 出来ない事の出来る事 >>