ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
You know what to do
そんな訳で、実は今、日本から投稿しています。このキャンプの期間を利用して、日本に居る母親に会うことにして、翌日飛行機に乗りました。

キャンプからは「ベンは楽しくやっています」との連絡が、家の留守電に残っておりひと安心したが、この安心には、何人にも変えがたい一人の強力なサポーター、ベンの弟の存在によるところが大きい。ベンの行くYAIのキャンプは、普通児の行くYMCAのキャンプと同じ場所で行われており、弟も去年からそちらのキャンプに参加している。YAIキャンプのコンセプトとして、「普通児と一緒に行動して、お互いに理解を深める」ということがあり、まさにこの主旨そのものがベンと弟。事前にリクエストをしておいたこともあり、去年は隣り同士のキャビン、今年はなんと同じキャビンの隣の部屋になった。

弟は、誰とでも仲良くすることの出来る天才的な才能を持っていて、こういったキャンプではその才能いかんなく発揮する場所なのだが、人を理解して、受け入れることを、生まれながらにして課された運命にある彼が、本領を発揮する場所であるとも言える。チェック・インと健康診断を済ませた彼は、キャビンに着くと、10分もしないうちに先に到着していた子供とトランプで遊び始めていた。ベンが泣き出して皆が当惑していた時も、「I know what to do, Don’t worry 」(僕はどうすれば良いか分かっているから、心配しないで)と頼もしい。

ただ、少しかわいそうだったのは、僕らがベンから離れて少しだけリリーフがあるのに対して、彼には自分キャンプでさえもベンの存在があるという事。特に今回は隣のキャビンでもなく、隣の部屋だ。

でも、ちょっと待て、去年初めて弟がキャンプに行くのを心細いと言った時には、ベンが近くのキャビンにいることを喜んでいたじゃないか!僕だってそうだ、何かが物足りない。ベンはそういう奴なんだよ。離れてみるとよくわかる。ありがとうベン!そして弟。

f0097272_1324927.jpg
[PR]
by gakuandben | 2006-06-30 10:02 | 自閉症に関して
<< Respect I miss you Ben >>