ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Effective Praising
ベンの行ったサマーキャンプの団体であるYAIから、ビヘービアー・マネージメント(行動管理)の講習をしに来て下さっているミス・ソンバイの授業も4回目を迎えた。YAIは障害のある人を支援するためにあらゆるサービスを提供する民間の団体でNY地区では主要な存在でもある。

週に一度のペースで行われるこのクラスは、学校や、母親に対してのベンの暴力がかなりひどかった時に申請した。手続きや行動分析のための準備で時間が経過してゆくうちに、実際の暴力の問題はかなり落ち着いて来てはいるものの、まだ安心出来る状態ではなく、特に体も大きくなってきたこともあり、これから真剣に対処していかなければならない問題だ。

僕が考えていたクラスというのは、マネージメントという言葉の響きから、何とはなく「ベンがこういう行動を起こしたら、このように対処して下さい」的なものを想像していて、例えば「足で蹴ってきたら、どのように押さえ込むか」とういような、ロール・プレイのようなものが行われるのかとまで思っていたのだが、実際には起こした行動に対する深い考察と冷静な対応の方法を考える為の勉強会だった。

夫婦そろってビデオを見て、ビヘービアーの何たるかを理解するためにいくつかの質問がされる。お行儀、素行、態度という訳がふさわしいが、概して否定的な意味合いが強く使われるこの言葉は、子供を持つ人ならかなりの頻度で耳にする言葉だろう。

「ミスター・タカナシ、それではあなたが今考えるビヘービアーとは一体なんですか?」まるで禅問答のような質問をされて、一瞬戸惑う。確かに、漠然と捉えていた言葉なので、そう質問されるとズバリと答えられないのに気づかされる。
「そうなんです。誰もがこの言葉を大きな意味で何となく使っていて、何故その問題が起こるかの核心の部分を見るのをおろそかにしてしまっているのです」とミス・ソンバイは続け、状況と原因を冷静に分析することがいかに大切であるかを説明してくれた。

こうした授業の中から、大きくうなずかされたものの一つにエフェクティブ・プレイジング(効果的な褒め方)という項目がある。子供を褒める時の大切な条件を挙げ、躾けのテクニックとして活用するもので、「きちんと目を見て、嬉しい感情を示しながら褒めましょう」といった基本的なものから、「良い事をした直後に時間を置かずに褒める」など、ちょっと犬じゃないんだからねえ、というものもあるが、確かに大切な事なのだ。そして、一番見落としてしまいがちなのが、「子供を褒めるのでなく、その行動自体を褒める」という事。

これは、考えてみると意外とやっていなかった事に気づいた。僕はベンが何か良い事をした時に、「Ben, Good job」(ベン、良くやったね)とだけ言って終わらせていたことがほとんどだったからだ。このテクニックに従えば、「ベン、映画館で静かにしてくれてありがとう。」といったように具体的な事項をきちんと伝えて褒めるということになる。つまり、「ありがとう、ベン」という事がやっぱり大切だったのだ。

f0097272_161021.jpg
[PR]
by gakuandben | 2006-08-04 01:07 | 自閉症に関して
<< Life is like a ... さよなら夏の日 >>