ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
大人な時間
小学生から中学生になる時に嬉しかったのを覚えている。詰め襟学生服が着れるというのもあるし、何だか急に大人になれたような感じがして、初登校前夜は良く眠れなかったくらいに興奮していた。

ベンも中学生の歳を迎えて、同じプログラムだが、違う場所にある学校に通う事になった。ベンの通うプログラムはマンハッタン中の公立校の校舎の一部を間借りしているので、年齢によって行く場所が変わるのだ。

今度の学校は、数あるロケーションのなかで一番大きな施設をもったハイスクールの中にある。ジュリア・リッチマン・ハイスクールはシアター・アーツに力を入れている高校で、大きな講堂や、ダンスのスタジオなどもある。ベンも学校のイベントでアート関係のショーがあると必ず来ていたので知っていたのだろう。学校が始まるのが近づいてくると、「Daddy, I am going to high school」と言い出した。

勝手にに高校生になることに決めていたようで、「I’m teenager」を連発している。やはり、僕と同じ様に、行く学校も変わって、大人っぽい気分なんだろうと理解していたが、それに加えて、何故か「チャプター・ブックを読まなければならない」と言い出した。

チャプター・ブックというのは、要するに、チャプター(目次)のある本で、絵本ではなく、文章中心の本。学校では、絵本と区別するために、小学校に入る頃からチャプター・ブックを読む宿題があったりする。ベンは自分もティーンになったのだから、そうしなければならないと思ったようだ。

こうしてベンの夜の「朗読の時間」は始まった。コンピューターを消さなければならない10時になると、ベッドに入り声を出して読んで行く。最初に選んだのは、日本でも翻訳されている、「がんばれヘンリー君」。「ベン、声を出して読まなくっても良いんだよ!」と教えても、それは許されないようで、一字一句を読み上げてゆく。

1つのチャプターを読み上げると、「Daddy, I finished to read a chapter book, I am going to sleep」と言いにきて、一日の予定が終了する。
2段ベッドの上に寝ている弟も最初はうるさがっていたが、次第に慣れて勝手に寝る様になった。

「これは良い習慣になってくれたな」と、ほくそ笑んでいたのもつかの間、読んでいるうちに誤って寝てしまってチャプターを読み切れなかった場合に怒り出すという問題が出て来た。

それは、朝起きて学校に行く前だったり、夜中だったりするわけなのだが、こちらとしては何も世話してあげることも出来ないので、ベン本人の意向として「チャプターを全て読み切りたいならそうしなさい。でも、別に出来なければ無理しないで良いんだよ」と言っている。

自閉症者の「こだわり」は、悪い方へ作用すると大変な問題になってしまうけれど、うまく良い方向に転化出来れば逆に大きな可能性を秘めた力になるんじゃないかと僕はいつも思っていた。

思い起こせば、ベンがアメリカ育ちなのにひらがなやカタカナ、1年生の漢字までは読む事が出来るのは、日本から買って来たひらがなボードや漢字カードが家にあったからで、無理に教えた覚えは全くない。これを覚えるのはベンの意向による「こだわり」だったのだ。

下の子は同じ環境にありながら、日本語はほとんど読めない。無理に教えなかったし、興味も示さなかった。どちらにとっても、「普通」にしていただけなのだけど、「こだわり」のお陰でベンは下の子よりも日本語が理解できる。

もともと天才である、自閉症(サバン症候群)の方たちもいるが、そういったケースでなくとも、芸術、スポーツなどの習い事にこの「こだわり」がうまく作用すれば、もっと彼らの才能を引き出すことができるのではないかと、考えはやまない。

夜中の3時に寝ている僕のところへ来たベンは、チャプターを読み切れなかったと半ベソをかいている。「本はなくならないし、また明日読めばいいんだからもう寝なさい」とベッドに戻すと、部屋から本を読む声が聞こえて来た。






f0097272_271048.jpg
[PR]
by gakuandben | 2006-09-15 02:07 | 自閉症に関して
<< 違いのわかる男 Dance to the Peace >>