ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
違いのわかる男
「Retarded」は正確には「知恵おくれ」で障害の名称だが、日本で子供達が使う「キチガイ」に近い使われ方をしているようだ。だから、下の子は学校でみんなが、「Retarded」を連発するのに対して抵抗がある。

「僕はベンがいるからそういう人の事がわかっているけど、みんなは何にも知らずにバカの代名詞として使っているんだ。」

5年生の子供に障害者の認識というのは確かに難しいだろうが、兄に障害者を持つ弟にとっては、当然の意見でもある。

「障害者はなりたくて、なったんじゃ無いってことを教えてやりなよ」と僕が言うと、どうやらそれ以前から、彼は自分の兄がそういった問題を抱えている事を友達に教えているらしい。

「ベンを見たことのある友達に、僕の兄は自閉症なんだよと言ったら、みんな何のことだかわからずに居たよ。」と言う。

勇気のある奴だなと思った。少なくとも僕よりもずっと強い。何故なら僕は今まで出来る限り、ベンを隠そうとしていたからだ。もし、僕が小学校5年で同じ立場にあったとしたら、こんな事が言えるだろうか。

最初のうちは、説明するのも辛いくらいだったが、次第にわかってもらおうとする気持ちが出てくる。それでも、見ず知らずや初対面の人、仕事で会う人に対してまでそういった情報を伝えるのはなかなか心が疲れるもので、何となく本能的に隠す方向に向かうといった結果となる。

そこにある事実を正確に見つめる弟にとって、隠すなどというアイディアすらも存在しないのかもしれない。だから、家にベース・レッスンの子がやって来ても、僕は同じ年頃で「知恵おくれ」であるベンの存在にハラハラしてしまうのだが、彼の態度はは堂々としたものだ。

そんな態度が影響するのか、ベンが不自然な行動をとっても、どの子も次第に気にかける様子もなくなってくる。こういった概念は逆に子供の方がフレキシブルなのだろう。

幼い頃に公園の砂場で露骨に気持ち悪がられたベン。きっと多くの障害児を持つ親御さんが幾度となく経験している場面だろう。

「あなた方にとって異常でも、僕らにとっては普通なんですよ」
ベンの弟がごく自然に取っている行動は、こんな風に聞こえてくる。そして、公園で心をしぼませている親御さんへ伝えたい。



f0097272_243738.jpg
[PR]
by gakuandben | 2006-09-21 02:06 | 自閉症に関して
<< Do you feel it ? 大人な時間 >>