ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
血染めのTシャツ
エレクション・デイは学校が投票所となるために、すべての公立学校は休みになってしまう。何故か学校の無い土・日には行われず、ウィーク・デイになっているのが腑に落ちないのだが、礼拝に行く事や、休日を大切にするカルチャーが関係しているのだろうか?

よって、残念ながら市民権の無い僕には参加することの出来ない選挙は、ただ子供が学校をおまけで休めた日に付き合わなければいけない一日ということになる。

しかし、下の子ももう10歳なので、何から何まで世話をしなければならないということも無く、ベンもそれなりに自分でランチを用意したりもできるので以前に比べれば随分と楽になった。朝のうちに簡単なリハーサルの用事を済ませることが出来て、午後はお約束の本屋が待っている。

ベンは学校が休みということになると、どうしても本屋に行きたいようで週末に連れて行ったにもかかわらず、必ずリクエストしてくる。幸い本屋も歩いてゆける距離にあり、1時間でも行けば気が済むので、気分転換と散歩の効果も兼ねて連れて行くことにしている。

そんな気軽な気持ちで本屋に入るが、今回はちょっとした事件が待っていた。
いつものように、ベンは子供のコーナーに行ったり、アートの本を見たりとあちこち回っていたのだが、絵本を見ている最中に鼻血が出て来てしまったのだ。

僕らは鼻血が出ると慌てて鼻をおさえるものだが、ベンは違う。Tシャツの上にポタポタと垂れる血を見ているだけで、にこにこしている。

たまたま着ていたのが真っ白なTシャツだったこともあり、映画のように真っ赤な血がさらに赤く見える。人間の本能からか、一般人の僕にとって、血の色は不思議な緊迫感を持って行動を慌てさせるのだった。

混み合った子供本のコーナーは、天気の悪かったこともありベビー・シッターのみなさんの社交場と化しており、みんなが驚いて見ているのがわかる。

ちょっと想像がつかないかも知れないが、こちらの大型書店というのは立ち読み開放型で、それにつけ込んだ客たちはまるで図書館のように本屋を利用する。スター・バックスなんかが併設されていると、売られている本を持ち込んで、堂々と机でレポートを書いていたり、子供本売り場に至っては、公園と同じ感覚で子連れ客が集まり、買う買わないは別として、「ハング」しているといった状況となる。

返り血を浴びた犯罪者か、心臓近くを拳銃で撃たれたかというようなベンは、ティッシュの持ち合わせが無く慌てふためいている僕を尻目にご機嫌で別の場所へ移動しようとする。

と、とにかくトイレに連れて行けば何とかなるだろうと考え、トイレに向かわせようとするのだが、そんな事はどうでも良いベンは「NO」と一言、動いてくれない。事態を察してくれた店員さんがテッシュを渡してくれて何とか血の拡大は防ぐことができたが、シャツをコートで隠すのは暑くて嫌がるので、自分の着ていたデニムシャツを着せてボタンを閉じて何とか一件落着。鼻血も止まってくれた。

家で夜、この話を妻にすると、「ティッシュは絶対持っていないとダメね」と言う。そして彼女が感じるのは、そういった時にティッシュを持っていないお母さんを見る周りの目はとても冷たいのだそうだ。

確かに、お父さんだと許されるけど、お母さんだと厳しいという風潮はどこにでもある。男親でも、肉体的にも精神的にもこれだけ大変なのだから、障害者を抱えるお母さんの苦労というのは相当なものなのだろう。

「ちり紙とハンカチはちゃんと持って出かけましょう」と小学校で先生がいつも言っていた意味の大切さを思い知らされる出来事だった。
f0097272_8531580.jpg
選挙では民主党が議席を広げ、ブッシュ政権は大ピンチ。
[PR]
by gakuandben | 2006-11-11 08:59 | 自閉症に関して
<< 食事中の方は読まないでください You can do it ! >>