ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
EDAMAME
以前「喧嘩の無い兄弟」というタイトルでこのブログに投稿したのを覚えているのだけれど、実はベンとその弟は最近喧嘩をするようになった。

ベンの語彙が増えた事と、アピールの方法を覚えたことによるものなのだが、喧嘩にまで至らないコミュニケーションを続けていた2人が、ついに喧嘩が出来る様になったと思っている。

兄弟喧嘩をして嬉しく思う親はあまり多くは居ないと思うが、これはとても普通なことで、普通でない事の多い僕らにとってはそれが喧嘩であっても、とても有り難く思える出来事なのだ。

最初のうちはベンが弟の名前を叫ぶことから始まった。ただ、連呼するだけなので、弟の方も何が何だかわからないのだが、文句を言いたい気持ちは伝わる。そして、そのうちにその理由を言うようになりだした。テレビを見ていれば「Don't change the channel」(チャンネル変えるな)とか、何かが欲しければ「Can I have it ?」などと具体的なポイントをついてくる。

弟に対するベンの文句の付け方も、あまり意味をなさず不条理なものが多いので、殆どの場合は「わかった、わかった」という事になるのだが、10歳の少年にとって、いくら兄が自閉症であるとわかってはいても、我慢出来ない事もあるだろう。

弟は言い返し、ベンは大声で叫び返す。 ベンは、とっさに言葉が出て来ないので、大声で応戦するしか無いようだ。こんな口喧嘩が何度か見られるようになってきたと思ったら、日曜の夕食では2人で1つの皿から食べていた枝豆をめぐって、叩き合いが始まる寸前の喧嘩が始まった。

動物が本能で争うことの原点であるかのような食べ物の奪い合いは、ベンが枝豆をつかもうとした弟の手を叩いてしまうというもの。

最近の2人はお腹が空いていない時がない程に食べたい年頃で、フレンチ・フライなどのサイド・ディッシュでも、一人ずつのお皿から食べる様にしないと競争になってしまい、よく噛まずに飲み込む様に食べてしまうくらいなのだ。

枝豆が、思ったより早いペースで無くなってゆくのを危惧したベンが、思わず弟の手を叩いてしまったようで、2人ともエキサイトして泣き出した。弟の方は叩き返すことはせずに、近くにあった物にあたって怒りをあらわにしている。

シンプル過ぎるほどにあさましい喧嘩なのではあるが、この二人はとても普通のコミュニケーションで通じ合っていた。妻は「今度からはお皿を2つに分けよう」と言い、それ以上の争いにはならなかったが、密かに喧嘩をしていたことに少し感動していたのだった。

叩いてしまうところにまだ充分な改善の余地があるにしても、ストレートな表現のやり取りは良い。ベンには「どんなケースであっても、人を叩いたり、触るのもダメなんだよ」とベンに言い、「文句があったら口を使って伝えなさい」と伝えておいた。

と、言いながら「それは、僕も人に言えた柄では無いのだけれどもね」と心の中で呟いていた。

人を叩くわけでは無いけれど、伝えなければならないことを、言葉が不自由で無いのにもかかわらず、伝える努力をせずに、自分だけで怒ったり、悩んだり、うやむやにしたりしているのも結果的に同じ事なのかなと思う。

f0097272_13353653.jpg
[PR]
by gakuandben | 2007-01-11 13:37 | 自閉症に関して
<< I've got a ... Global Warningな一日 >>