ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
世界に一つだけの子供
ベンから僕が学んだ大きなものの一つに、人それぞれの幸せというのがある。

大人になって、立派な職業に就いたり、お金をたくさん稼いだりすることが幸せであり、男性なら家族と暮らす家を持ち、女性は結婚して子供に恵まれるというのが、カウンターの後ろにあるショーケースの中に飾られてみんなが羨む「幸せ」なのだろうが、ベンと出会った僕にはとって、そういう幸せは1つの種類ということになったのだった。

親はそう願って子供を育てる。「息子には日本語も英語も両方理解できるようなバイリンガルになってもらいたいんです。」「この子は才能があって、バイオリンを習ってるんですが、ベースにも興味があるので始めさせようと思って」「サッカーが好きでJリーグに入ってもらうのが夢なんです」。僕も、普通なら間違えなくそう考えただろうし、それが子供の幸せのためになると信じ、そこには成功というゴールがある。

実際にベンが生まれた頃には、色々と期待したものだ。もちろん始めは元気なら良いと思ったのだが、元気であるのに慣れてくると、今度は色々な才能を引き出してやりたいと思うようになる。どんな親でも普通に持つ、子供に対するあたりまえの夢。4歳の時点で自閉症であることがわかってから、そんな気持ちを切り替えるのはちょっと時間がかかった。もしかすると悲しく落ち込んでしまったのも、ベンのためではなく、ベンに対する自分の期待のためだったのかも知れない。

今日はベンの通う学校のモニタリングがあった。市の教育課が学校の実態を調査するというもので、親からの意見を聞く為の参考人として出席することになった。

一般の学校と異なり、全員がスクールバスでの登校の為、送り迎えが無いことで親同士が顔を会わせることはとても少ない。こうして会合に参加すると、ありとあらゆる状況の中で、それぞれに違った障害を持つ子供が生活しているのが身近に感じとれる。

あるお母さんは2人の自閉症児を持ち、この学校の先生に救われた思いがしたことを語り、別のお母さんは息子さんがこの学校を卒業して大学に進学したという話をしてくれた。もちろん、絵文字を使ってコミュニケーションを取る重度の自閉症児の母親も参加している。

そんな中では、誰一人として他の子供と自分の子供を比較したり、照らし合わせたりする考え方をしている親はおらず、それぞれの方法で我が子が幸せになってもらいたいと心の底から願っているのだ。

一人一人の持っている障害や特徴が、それぞれに幸せになる種になっていて、それにはそれぞれのゴールがある。僕ら障害児の親は、一般の親が子供に期待する幸せを求めることが出来ない代わりに、何かとても大切なスピリットを手に入れることが出来た。


あれから12年がたって、今はっきりとベンに期待するのは、大人になって少しでも人のためになる仕事ができるようになること。何でもない真っ白な紙に書いた期待は、色のついた期待を全部削ぎ落とした親の気持ちだ。そんな期待ができるだけでも、有り難い。期待できることの有り難さを知って、毎日少しずつでも進んでゆけば、道はひらけると信じたい。


f0097272_113034.jpg

















そんな事を考えつつ、夜に演奏で行ったお金持ちの人達のパーティーを見渡すと、同じゴールを持った人達がみんな同じ顔に見えた。
[PR]
by gakuandben | 2007-02-08 01:09 | 自閉症に関して
<< 音葉の力 ほめ過ぎの顛末 >>