ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
New York Rock City
自閉症児へのしつけというも、それぞれに違った手法があるだろうし、躾けられる側の状態、状況によってそれぞれに最善の方法を模索してゆくものだろう。行動管理のレッスンで先生から、「自閉症だからといって甘やかしてしまう親も多いのですけれど、彼らにもきちんとしたしつけが必要なんです」と言われたのを思い出す。

ベンはテレビドラマなどで見る大人しい自閉症児とは違って、言葉も多く、激しい感情の表現も、体全体で意思表示をしているかのように自由奔放な立ち振る舞いだ。指示を出しても「はい、わかりました」という訳には行かず、何度かの説明を兼ねた問答がくり返されるのが日常的なパターン。

「ベン、もう寝る時間だから、コンピュータを消しなさい」と言っても当然ノーということになる。「遅くまでコンピューターをやっていたら、脳に良く無いし、体に悪影響になる。学校はドロップ・アウトしてしまうし、寿命も短くなるよ」と言うと、それは嫌なのでしぶしぶ納得するのだが、そこで納得するのがベンでもある。

ショッピング・モールで興奮して手を叩いたり、声を出してしまうベンを、「周りの人の迷惑になるからやめなさい」と注意すれば、「I'm sorry dad, I am not noisy !」と自分の非を認めて謝っているのと同時にそれを否定する返答をするのだった。

僕はその都度、何度も注意をし続けるのだが、ベンの中での完璧な自分は、僕や他の人を怒らせず、不快な思いをさせない自分なのだろう。でも、そう思ってくれる事に僕は有り難みを感じるのであって不可解なコミュニケーションではあっても、とにかく伝えることを心がけている。

そして、僕はそういった説明めいた注意をすればする程、「そんな事は、どうでも良いじゃないか! 人を傷つける訳でもないし好きにやらせてしまえ!」というロックな感情がむくむくと湧き出てくるのも確かであり、アフリカの大草原で暮らしていたら何の問題も無いのになどとも思ってしまう。

だから僕にとっては、自閉症だから甘やかすといった問題では無く、ベンの行動に対する考え方を自分自身の中でを甘やかしたり、厳しくしたりするコントロールの問題なのだ。考えてみれば、親の躾けというのはまるで自分を躾けているようなもので、それぞれの判断と尺度によって自分が反映されているものなのだろう。

そして、実際に何が問題なのかを説明してみると、口癖のように注意するのとは違って、核心の部分が見えて来る。ベン自身の健康のことだったり、周りに人への迷惑だったりと明白な理由があるもの以外は自然とその意味を失い、こちらの都合でコントロールするような指示は出来なくなった。

逆に度々起こしてしまう「変な行動」に関しては、説明が難しく、実際の迷惑になっていない分、人から見たら恥ずかしいだろうという考え方を理解させるのは時間がかかりそうだ。

スターバックスでコーヒーを買う人の列に割って入り、レジ横に陳列してあるDVDを手に取って見始める。「変」なのはベン以外の人から見て変なのであって、僕は一般の人から見たベンや自分の体裁を考えてハラハラしているだけなのだろう。

バーゲンで入った洋服屋で、ふと気付けばベンが旅行用鞄を持った自分を鏡に映してニコニコしている。聞けば「I am going to summer camp」と言う。ハッピーな瞬間はそのままにしておいた。

f0097272_2281776.jpg










混み合った地下鉄ホームでは階段の上で電車を待つ
[PR]
by gakuandben | 2007-04-10 22:19 | 自閉症に関して
<< ラジオ出演のお知らせ 謎を教えてくれるテレビ >>