ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Differently-abled Kids
春休みとはいえ、旅行などからは無縁な僕らはもっぱら近所や近郊への外出が休暇の過ごし方となる。それでも車で出掛けられるだけ幸せなのだが、こういった学校の休日では一般の混雑と重なることとなり、さらに平日の路上駐車は至難の技で、かといって駐車場に入れようものなら1時間で30ドルは下らない。

だから歩いて行ける場所や、地下鉄に乗って出掛けることにするのだが、ベンの楽しめる場所には当然のように制約があり、弟の方にはストレスになってしまうということも多い。博物館や美術館に行ってもじっくりと楽しむことは不可能で、ベンのことを追い回すので終わってしまうのだ。

そんな状況を知っている友人のポーラは、弟をエリス島の移民博物館に連れて行ってくれる事になった。自由の女神の近くにあるボートで行く島なのだが、ちょっとした旅行気分を味わえるし、学校の勉強とも重なっているので本当に有り難い。そして、何よりもベンの制約を受けずに過ごす日が出来たのも良かった。

というわけで、10日間の春休み最後の日、僕らは別々に行動し、ベンの大好きなタイムズ・スクエアに行くことになった。こちらの方も弟に文句を言われずに好きな所に行けるというのは気が楽であり、電光掲示板を楽しみ、バージン・メガストアでは好きなだけDVDや本をブラウズする事が出来る。

そんな気ままな行程の中、トイザラスのメガストアに入ると、真っ先に目を引く屋内観覧車の横、入り口正面に何やらビラの入ったラックが設置してある。いつもならセールのチラシが入っているラックを何気なく見ると、「Autism」(自閉症)と大きく書かれた見出しのチラシが目に飛び込んで来た。

手にとってみると、そこには自閉症の子供向きのおもちゃの紹介がしてあり、それぞれの発達の度合いによりマークがつけられている。感心して読んでいるとベンがどんどん先へ行ってしまうので、後から落ち着いて読むと、それはAutism Speaksという団体がトイザラスの協力で作ったもので、「自閉症を知っていますか?」という小見出しには。最近急激に増加中の20分に一人の確率で生まれている発達障害と書かれていた。

さらに自閉症の幼児期の兆候として、いくつかの項目が掲げられ、ベンが4歳の頃何度も何度も読み直した思い出がよみがえる。しかしながら、商業主義の総本山であるタイムズ・スクエアのど真ん中で、こういったチラシを目にすることは、驚きと、誰かがどこかで支えてくれていることを知る心強い瞬間であり、嬉しくなってたくさんチラシを取って来てしまった。

寄付の習慣が発達したアメリカでは、こうした外郭団体の活動が盛んで、自閉症関係だけでも大小合わせると数えきれない程の団体があり、あるものは研究機関のリサーチに重点を置いていたり、成人の自閉症者の支援であったりと、それぞれにスペシャリティがある。


運動不足の解消を兼ねて、帰りは歩いてみることにした。1時間近く歩き続けるとベンは足が痛いと言ってはいたものの良い運動になったようで、帰ってしばらくは随分と落ち着いていた。こうしたベンを見ると、郊外の運動をたっぷり出来る学校が良いのかなと思ってしまう。

帰宅した弟にチラシを見せていると、面白いことに気が付いた。一番上に書いてあったのは、『トイザラス、障害児(disabled)の為のトイ・ガイド』だと思っていたのだが、よく見ると「differently-abled」(異なる能力を持つ)となっている。

そんなポジティブなチラシとともに、春休み終わった。

f0097272_01889.jpg
[PR]
by gakuandben | 2007-04-19 00:23 | 自閉症に関して
<< 鳩の人生劇場 ラジオ出演のお知らせ >>