ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Did you miss Me ?
「I miss you」は挨拶時の常套句としてよく登場する言葉。それが、未来のことであっても、過去の事であっても構わず「会えなくて寂しく思ってました」という気持ちを伝えるフレーズなのだが、何ともやさしい響きを持った好きな瞬間だ。(もちろん未来ならgoing toを使ったりもするが、省略されていることも多い)

日本語なら、「ご無沙汰していました」というニュアンスなのだろうが、僕にとって「miss you」もうちょっと近しい心のつながりを感じさせる言い方で、短いフレーズにいっぱい想いのつまった感じのするのが良い。

お別れパーティーやカードなどで、Good-byeよりも、このMiss you を使うのは、「あなたがいなくなることによって、ぽっかりと穴が空いてしまいました」的な寂しさを伝え、「出来ることならいつの日かまた戻ってきてね」という優しいグリーティングの言葉でもあるからだろう。


ベンがいつこのフレーズを覚えたのかは覚えていないのだが、僕も仕事から帰って来たときに言われたりすると、何とも嬉しい一言なのだった。おまけに、久しぶりに会った人などに、少し悲しそうな顔をして「Oh, ○○I miss you !」なんて言いながらハグするものだから、言われた方はグッときてしまうだろう。

ところが、そうした感動的な再会を果たしたかのような場面のあとには、当事者とはろくに話もせずにさっさと自分の部屋に向かいコンピュータに向かってしまう。だから、ベンがどれくらいの気持ちを込めて言っているのかは分からないのだが、とても良い言い方を覚えてくれたものだと思う。

映画の場面で覚えたのかもしれないし、誰かがやっていたのを真似しているのかもしれないが、表情や言葉の表現から推察しても、僕が見る限りではただ形式的に言っているようには思えないのだった。

いや、きっとその瞬間は本当にそういった気持ちがあるのだと思う。ただ、その後に続く会話も無いので、さっさと切り上げてしまうのだろう。確かに僕らの会話の中でもそんな瞬間は良くあるのだが、そんな時は「Miss you 」まではいかずに「How are you?」程度の間柄だったりもする。

昨日はベンが生まれる前からの友人でもあるエイミーが家で録音をしていたところにベンが帰って来た。1年ぶり位で彼女に会ったベンは、「Amy, I miss you 」とハグをする。いつもなら、それでおしまいなのだが、昨日はエイミーのするいくつかの質問に最低限の応答ながらきちんと答えている。「ベン、ちゃんと質問に答えて偉いぞ。」と褒めると、そのまますくっと立ち上がり自分の部屋に行ってしまった。


ベンをストローラーに乗せてバンドのリハーサルをした思い出話をする。帰り際にエイミーと並んで写真を撮るとベンの背の方が高くなっていた。

f0097272_13303770.jpg
[PR]
by gakuandben | 2007-05-05 01:24 | 自閉症に関して
<< NY 1 知られざるパーティー >>