ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
つかまる手

昨夏に投稿した、公園の年老いたお母さんと僕の年くらいの重度の自閉症をもった息子さん。

今年も元気な姿をプールで見かける。息子さんはバスケットが得意で、公園ではよく見かけるのだが、プールも好きなようで、泳ぎはしないのだが水面を叩いて楽しそうにしている。

毎日のように通っている僕には、お母さんではなくケア・テーカーの人が一緒に来るとちょっと心配してしまうのだが、どうやらそれは決められた日に連れて行ってもらえることになっているようだ。

ただ、去年までは一緒に水着を着てプールサイドにいたお母さんは、今年になってからは洋服を着たまま日陰に座っていることになった。

嬉しいことに、70歳は過ぎているであろう彼女をプール関係者がいたわり、階段の登り降りのないようにフェンスのドアから入退場、ベンチしかないプールサイドには特別に背もたれのある椅子を用意してくれるようになったのだ。

息子さんは、言葉も喋るようなのだが少しチック的なところがあり、同じ行動を繰り返したり、うなり声を出したりしている。ただ、周囲の人から離れるようにしているのでトラブルの心配は少ないだろう。逆にベンの方が一見普通に見えて変な行動を取るので周りの人を驚かせてしまう。お母さんは別段注意を与える事なども無く、1時間弱のプール時間は終わる。

いつかお母さんと話をしてみようとは思うのだが、それはいまだに出来ていない。

何か興味本位で聞いているように思われるのを恐れるし、リアルな話を聞くのが怖いのかもしれない。でもきっとお母さんも僕らのことを気づいているのではないかと思うのだ。

そしてふと気がつくと、お母さんの手につかまってゆっくりと歩く息子さんの後ろ姿がある。

それは少年の手を引く母の姿なのだが、僕にとっては息子さんにつかまって歩く年老いた母親の姿だった。



f0097272_13313427.jpg
[PR]
by gakuandben | 2007-08-17 13:21 | 自閉症に関して
<< Lucy in the Sky The Long and Wi... >>