ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Night Walker
子供にとっての夜の景色はそれだけでもエキサイティングなものなのだろう、夜の街で見る子供達は皆一様に生き生きとしている。ティーンの年代は夜の国への入り口で、友達と夜道を歩くだけでも大人な感じがしたものだ。

ベンも夜の街が大好きだ。きらきらと輝くサインや、ひんやりとした空気はベンの好きな物だらけなのだから無理もない。週末に仕事が無い夜は、ベンを「ナイト・ウォーク」に連れてゆく。

前回は、公園を通り過ぎてイースト・リバー沿いの高速道路を超えた遊歩道を歩いてみたのだが、夜に歩いてみると大人でさえかなりスリルのあるものだ。

同じ視線レベルで疾走してゆく車を右手に、左には真っ黒にうごめく川が迫る。アメリカにはこんなところに柵が無くても良いのかという場面に遭遇することが良くあるが、高速道路をまたぐ陸橋は川にせり出しているようで、階段の横には転落防止用の柵も無い。

ベンに近寄らないように声をかけると、「I don't want to die」と返事が帰ってきた。

真っ黒になって流れている川を眺めていると、治安の悪かった時代にはよく死体が流れて来たらしいと誰かが言っていたのを思い出し、見た人は本当に怖かっただろうと同情する。

それでも、新しい景色に感動したのかベンは家に戻る最中に「Dad, Thank you for doing night adventure trip」とお礼を言ってくれたのだった。

そんなナイト・ウォークに味をしめた僕は、自分の楽しみも兼ねて週末の夜のかけらを楽しみにゆく。

昨日は本屋にも行きたがっていたこともあり、夜11時まで開いているバーンズ・アンド・ノーブルスに歩いて行くことにした。

「ベン、ナイト・ウォークは危険だからな。酔っている人もいるし、ぶつかったりしたら大変なことになるから常に周りの人に注意して歩くんだぞ。」と言い聞かせ夜道を歩き出すと、いつものように手をちらつかせたり、不自然なアクションはあるものの、多少のコントロールの利いた歩き方だ。

街の光に照らされたベンは大人っぽく見えて、彼にもいつの日か友人と夜に外出したりすることもあれば良いなとふと考える。

土曜の夜の本屋は予想以上に盛況で、空いていたのは子供本のコーナーだけだったが、ベンなりに違った時間帯の本屋を楽しんでいたようだ。

床に座ったベンの前に「ウディ・アレンの本が欲しいのよ〜」とテンション高めに店員さんと話すおばさんが登場、僕は傍らで成り行きを静かに見守っていたが、おばさんの移動する先を邪魔する事も無く、うまくかわすことが出来た。

僕らには普通にある人との距離感も、こうした実際の経験から覚えさせないと、捉えることが難しく、平気で人にぶつかったり、場所を譲らなかったりすることがあるのだ。

帰り道は時間も遅くなり、あちこちのバーの前にはタバコを吸う人や、年齢確認のためのIDを出す人たちの列が出来たりして、賑やかな土曜日の夜は歩いているだけでも楽しい気分にさせてくれる。

僕らが通りがかったバーの前では、カップルが熱いキスを交わしていた。

ベンはすかさず「Man and woman kissing each other」と目の前の事実を言葉にしてしまう。ベンの正確極まりない注釈に、キスをしていた2人はパッと互いの口を離した。



f0097272_1512590.jpg
[PR]
by gakuandben | 2007-11-19 14:55 | 自閉症に関して
<< 人耳に触れること I'll be see... >>