ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ゆっくり生きる子
サンクス・ギビングが済むと、待ちかねていたかのように街はクリスマスの模様替えをはじめる。そしてこの頃になると、必ずのように欲しいプレゼントを決めたベンが、「I’d like to have ○○」と毎日のように言い出すのだったが、今年はちょっと様子が違う。

どうやらついにベンも本当のサンタクロースの存在に気がついたのか、母親に欲しいプレゼントを告げるとそれで安心しているようで、以前のように何度も確認をすることをしなくなった。

小さい頃に、ベンはずっと子供の夢を持ったピーターパンみたいな大人になるのではないかと思っていたこともあったのだが、15歳となった今はそれなりに現実の世界を知り、たくましく生きている。


週末の予定をたてているときに妻がぽろりと言った。
「私達の行くところがベンの行くところだから」

12歳になる下の弟は自分の行きたい所があり、僕らにはあまり付いて来なくなった。3人で何処かへ行く事が多くなったことで、15年間ずっと一緒にいるベンの存在を再認識するのだった。

「一人で行けないんだから、ベンの楽しい所を考えてあげなくちゃね」

ベンには週末に友達と合う約束があるわけでもなく、いつも僕らの買い物に付き合うことになるのだが、ドライブをしてスーパーやショッピング・モールに行き返ってくる。

本屋や、DVDストアなど一定の基準を満たしていれば、それなりに楽しんでくれているのでとりわけ困難な問題があるわけでも無いのだが、自分の行きたいときに行きたい場所に行けるようになる日が来る事を願わずにはいられない。


自閉症として接している自分の息子がどこまで可能性を広げてくれるのかは真に未知数であり、まるでゆっくりと本のページをめくるかのように次の可能性が見えてくる。

10年後にはクリスマスの街で、一人で出掛けたベンに合うのかも知れない。


f0097272_23583233.jpg
[PR]
by gakuandben | 2008-12-11 00:06 | 自閉症に関して
<< 一人での夕食 YES, YOU CAN >>