ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
バンドマン人生
僕のような無名のフリーランスの音楽家は、スケジュールが自由な分、先の予定は殆ど決まっていないことも多く、将来仕事が入るという何の保証も無い。
嫌いな人とずっと一緒に居なくて良い分、自分への評価がはっきりと見てとれる。

音楽的にせよ性格的せよ、折の合わない人との時間は無駄になり、お互いに察知した上でその関係は即座に消滅させる事が出来る。その分、自分に良い評価がなければ次の仕事が来るのを長い間待つことになり、そういった点ではビジネス的に乗り越えなければならない部分も大きい。

昨日観たオールマン・ブラザース・バンドはそんなミュージシャンあり方とは違った、バンドの結束力を見せつけてくれた。

殆ど連続して14日間のニューヨーク公演。きっとその後の予定もびっしりと決まっているであろう、アメリカのロック史に名を連ねるこのバンドには、30年以上前からのメンバーと復活後の新メンバーが混在している。

一般ロックバンドとは違い、インプロビゼーションが多いこともこのバンドの人気の秘密だが、演奏する側にとっては、14日間同じメンバーと曲で即興をしてゆくというのは大変な試練だろう。即興というのは、自由な分マンネリになってしまうことも多く、曲に沿って演奏すれば良いというのは違った想像力が要求される。

上手い説明になっているかは分からないが、毎日同じ電車に乗って仕事に行くのにもかかわらず、その行程を何か新鮮にさせなければならないという苦労か?逆に僕はその行程自体を変化させる事が出来る状況にあるので、新鮮さを保つのは簡単なのだ。

ポジティブな考え方と、バンドと音楽を愛する気持ちがなければ、続けて行くことも不可能だろう。無理な力を抜いて、その瞬間の音楽をクリエイトしてゆく。もちろん時々うまく行かずにあまり盛り上がらないライブもあるようだが、それも次へつながる布石となってゆく。

ふと思えば、僕とベンとの関係もそういったポジティブな関係の上に成り立っていることに気付く。今までの経験からも、ネガティブな考えから、対処した結果は一つとして良い結果を残したことは無い。

音楽も毎日の生活も、そんなエネルギーに満ちあふれるようにする事が、僕の最大のプライオリティであり、努力なのだろう。

一緒の時間を共有する一生のメンバーとして、ベンは僕のところに来た。そして彼は寝る前に必ず確認する。「I am doing good job」(僕はちゃんとやっているよ)

どんなにひどい一日であろうとも、それは彼なりにちゃんとやっていたわけであって、僕は「Yes, Ben, You did good job today, Good night」と言いドアを閉める。

そして次の日には新しい気持ちで、新しい曲をスタートさせることが出来る。ベンは最高のメンバーなのだった。

f0097272_205446.jpg










最新最年少のメンバー、デュレク・トラックスの超絶スライドテクニックに息をのむ。
[PR]
by gakuandben | 2007-03-31 02:07
覆われたカーネルの涙
「What's for dinner ?」と聞かれて答える選択肢の一つに、デリバリーやテイクアウトの食事というのがある。ほとんど料理の出来ない僕にとっては妻が不在時の最高の逃げ道でもあり、子供達もいつもとは違った外の食事に喜んでさえくれる。

いつも利用するデリバリー/テイクアウトのカテゴリーは、ピザ、チャイニーズ、チキンの3つ。子供が食べられるものということで限られてしまうのだが、最近その選択肢をさらに狭めてしまう出来事が起こった。


僕はケンタッキー・フライドチキンが好きだ。小学校3年くらいの時に住んでいた駅の前に開店したアメリカンなたたずまいがおしゃれなKFCは、フライド・チキンという豪華な食べ物を手軽に買える、ハンバーガーの店よりもランクの高いファスト・フードで、母親と二人の夕食の時などは「今日は、ケンフラにする?」と言われて、買いに行ったものだった。

母は揚げ物の店という解釈だったようで、フィッシュ・フライに醤油をかけて食べるのだが、そういう僕も大きな鶏の唐揚げという感覚で、フライド・チキンをご飯と一緒に食べていたのを覚えている。

アメリカに移り住んでからもよく利用していたKFC。子供達と自分がお腹一杯食べても25ドルにもならないのも魅力の一つなのだが、国を超えても変わらぬ味に、そんな思い出も関係していたのかも知れない。僕も、子供達に「ケンタッキーはどうだ!」とこちらから切り出したりして買いにゆく。

ところが残念なことに、そんなKFCはここ1ヶ月の間、マンハッタンにある殆どの店がクローズしている。というのも、テレビのニュース・レポートがきっかけとなり、市の衛生局が営業許可を取り消してしまったのだ。

そのニュースとは、閉店後の店内を映した映像だったのだが、そこには恐ろしい数のネズミが店内のカウンターやテーブルを縦横無尽に動き回っているというもので、まるでネズミの生体観測のような状態となっていた。

またたくまにニュースは広まり、新聞や他局のテレビの報道が追従する。次の日には別のニュースで、僕がいつも利用する店のネズミ映像が流され、子供達も「オーノーッ!」ということになるのだが、要するに、KFCの親会社である、リース・レストランチェーンがネズミ対策の費用をケチっていたことによるものらしい。テレビ放映の前日に検査をして、パスさせてしまった衛生局は大慌てでほとんどの店舗を営業停止にしたという訳だ。

トランスファットの問題で、使用油を植物油に変えたのが2月。これからは、気分的にも少しヘルシーな感じで楽しめるなと思っていた矢先の出来事だった。このリース・レストランという会社は、数ヶ月前にタコベルというメキシカン・ファースト・フードの店でも食中毒を出しており、相当不潔な会社のようなのだ。


さらに先週のニュースでは、チャイニーズ・フードは体に悪い要素が飛び抜けて多いとのニュース報道。さらに選択肢は狭まる。
[PR]
by gakuandben | 2007-03-27 01:30
Can I find something New ?
週末の夜は仕事が終わると夜中の1時を過ぎてしまうことが多いけれど、先週末は早めに終わることが出来たので、パーカッションの友人の仕事場へお邪魔することにした。

ミュージシャンにとって、夜の仕事場というのはもちろんクラブのショーであり、 コロンバス・サークルにあるディジーズでの列に最後のショーの始まる10分前につく。

3回目のセットということもあり、リラックスした雰囲気の中登場したシンガーはマーク・マーフィ。あのサミー・デイビス・ジュニアに才能を見いだされたというのは僕もバイオを見るまでは知らなかったのだが、50年代から活動しているキャリアを持ち、今回は75歳のバースデー・ライブということだった。

男性ジャズ・シンガーという過酷な分野で、常に輝き続けていられる理由は登場して歌い出すや否や納得させられた気がした。歌い出す彼の目は、次に起こる事への期待と喜びに満ちあふれていたのだった。

果たして自分が75歳という年齢になった時点で、同じ目をしていられるだろうか?いぶし銀のような魅力という言い方もあるが、そういった名人芸を見るのとはまた違ったエネルギーが伝わってくる。「熟練した若いスピリット」というのがぴったりの表現か?


ハプニングの連続という意味では、ベンとの生活で得られた柔軟性がある。人生においての変更とか予定とかいったものにすがりつくこともなく、時間の軸に沿いながら対応してゆくのは、まさにミュージシャンにはうってつけの環境なのかも知れない。

きっと、僕は新しい何かを見つけるために、音楽を志し、子供を育てているのだ。

「何年もライブをやってるけど遅いショーになる程、客層が良くなるんだ。何故だかわかるかい?車や電車ではなく、歩いてこれるシティー・ピープルが遅いショーに来るからなんだよ」なんていうきわどいジョークもさらりと言い流す。ポルトガルの歌を歌う前には「ポルトガル人が日本に行かなかったら、日本人はサンキューと言えなかったんだぞ。ムイト・オブリガード、アリガート。ほらな!」といった大ウソまで飛び出し、絶好調のマーク。その後歌ってくれたのは、イバン・リンスの名作マダレナとウ゛ェラスだ。

定年退職をした後、古い電池が切れてしまうかのようにパタリと死んでしまった父のことを思い出さずにはいられなかった。74歳だった。

f0097272_23533566.jpg
[PR]
by gakuandben | 2007-03-21 23:57
I'm gonna make you Happy
春は楽しい季節だ。夏も良いけど、夏は終わりが見えるので少し寂しい。その点春は、さらにその後に偉大なる夏が待ち受けている感じが、余裕であり、じわりじわりと暖かくなってゆくのがわくわくさせる。

そして、ある点に到達すると、コートを着なくても良くなるというのも、感動的な変化で、もの凄く身軽になった気がするのを手伝って、嬉しさに拍車をかけるのだろう。

週末から急に暖かくなったNYでは、いきなりTシャツ一枚だったり、女の人ならミニスカートにタンク・トップと夏を待ちきれない人達を多く見かける。暖かいといっても3月でしょうにといった感覚は無いようで、自分が感じたままのものを身につけ、自分をアピールする。

感じたままに行動するという点で、完全に抜ん出ているベンは、当然のようにトップを突き進む。まだ風の冷たい街をTシャツ一枚で歩くのだが、また寒くなる場合を想定して、ジャケットは持たせることにしている。

本人も、「Spring is almost there, I can not wait!」と、完全に春になっていない事を認識してはいるようなので、ジャケットを持って行く事は問題にならないのだが、車で出掛けたりした場合は、車の中に置いたままになるのだった。                                             
そんな春が近づくにつれ、動物が本来持ち合わせている感情が持ち上がってくるのが僕自身にもわかり、街行く人の表情を見てもわかる。そして恋の季節はベンにも確実にやってきた。


「年齢とともに自閉症の症状は落ち着いてきますよ。」というのはよく耳にする話ではあるが、ベンに関してはどんどん体が大きくなってゆくのに比例して、エスカレートしているようにも見える。いや、以前とは変わらないのだが、体が大きくなったことによって、すべてが増幅してしまったのだろう。

コンピューターを見ながら興奮して机を叩いてしまうのも、以前ならちょっとした物音だったのが、今ではキーボードを壊してしまう程の威力だ。椅子に座った状態で足を踏みならすのも、壁やドアをスラップするのもアパート全体に響き渡る大騒音となる。体を素手で叩いて音を出すのもかなりの強さで叩いているようで腕から内出血しているように見えたこともあった。

春か近づいたこととの関係は定かでないにしても、少し興奮の度合いが強すぎる。昨日は机の上に置いてあるものがひっくり返りそうなくらいに激しく叩いているのを見つけて、コンピューターで動画を見るのを禁止にした。短い時間で効果的なメッセージを送る映画のプレビューなどは、まさに興奮する映像の連続で、ベンにとっては中毒症状を起こしてしまう程の内容なのだ。

そういった興奮が、性的な気持ちの高まりと重なり合って自己を刺激するための叩いたりする行動とつながっているように思えたからだ。そして、叩いた後にはしばし余韻を楽しんでいるようにも見え、刺激自体に覚醒的な作用もあるように感じられる。

前回の話でコンピューターの効用について書いたが、実はその中毒性は弊害としてとても大きなもので、電話帳の名前を覚えたりする時代にはなかった、彼らにとってのたくさんの快楽が潜んでいる。

クスリやタバコでは無いけれど、ある意味中毒症状を起こしているようにも見えるベンを、少しでも楽にしてあげられる方法として、そういった刺激を取り除いてあげることが一番に思え、自分を映して興奮してしまう鏡にも布を被せて見せない事にする。

効果の程はまだはっきりしないが、昨晩はいつもより少し早く床に就き、ベッドの中で何か書き物をしていた。部屋からの騒音も少しは改善されたようにも感じる。僕でさえ中毒になってしまいそうなユーチューブは、僕のコンピューターのブック・マークからも削除しておいた。


f0097272_043512.jpg




             


 




               ベンの期待を見事に裏切り今日は雪が降っています
[PR]
by gakuandben | 2007-03-17 01:02 | 自閉症に関して
予習の成果
ベンの映画好きはここ2、3年程度のものだが、興味として随分と長続きしている。インターネットで動がが見れるようになったのも大きな要因だろうと思うが、毎日のように映画化されたDVDのカバー写真を収集し、映画のウエブ・サイトにいってはプレビューを見て興奮しているのだった。

だから、時々ベンのコンピューターを整理しないと、集めに集めたピクチャーファイルでデスク・トップが一杯になっているという事もあったのだが、フォルダを作って整理することを教えると、それも覚えて整理するようになった。

コンピューターという世界の中で上手にコミュニケートが出来るのは、この時代に生まれて生きる自閉症者のアドバンテージだろう。映画「レイン・マン」のレイモンドのように野球カードのデータや電話帳を覚えたりするクラシックな自閉症からすると、ニュー・ジェネレーションということになる。

そういった点では、自閉症者にとっても大きく世界は広がっており、偏りのない知識を身につけるのに役立ってくれればと思っているのだが、実際にはマウスを使って画像をブルブル震わせたりと、単にこだわり行動の道具として機能している面も大きい。

そんな事を危惧しているさなか、以前からベンが欲しがっていたボード・ゲーム「Scene it 」を手に入れた。

DVDを使ったクイズは映画やアニメを元にしたもの。実際の映像を見ながら、ここの登場した人物の名前は何でしょう?とか、このシーンでの挿入歌は何?といった映画に関するトリビア質問がされ、正解ならボード上のコマを進めてゆく。クイズになる映画のテーマはカテゴリー別になっていてベンが手に入れたのはディズニー版。その他、テレビドラマ「フレンズ」をテーマにしたものや、ターナーのクラシック映画、スポーツ映像のものなどかなりの種類がある。

映画のクレジットやレーティングばかり見て、本編を通しで見た事はあまり無い筈のベンが、殆どのクイズに正解してゆくのだが、僕が驚いたのは正解する事よりも、ベンがゲーム自体を楽しんでいることだった。

テレビ・ゲームや一人で行うゲーム以外、楽しんでいる様子を一度も見た事の無かったベンが、にこにこしながらコマを進めている。途中でやめたり、どこかへ行ってしまわずに最後までゲームというルールのある世界を通して僕らとコミュニケートしていた。

以前読んだ自閉症関連の本で、自閉症児のプライドについての話を読んだことがあった。周りのことは全く気にしていない様に見える彼らが、実は出来ないことや、理解出来ないことを避けるという内容のものだったが、ベンにとってのコミュニケーションはそういうものだったのだろうか?自分に勝ち目のあるゲームではきちんとルールを守り、最後まで感心を保ち続ける。

完璧な結果を望むあまりに、自分で自信の無いことには最初からかかわらないようにするというのは、僕らにも十分に理解出来ることで、今回のゲームは日頃身につけた映画の知識が自信となったのか?

コンピューターの世界だけで完結していた知識が、実際の生活に持ち出されて活用されたということは良い傾向で、ベンがそれに気付いて世界を広げるきっかけになればと思うのだった。

次の日にこっそり部屋を覗くと、ポータブル・DVDプレイヤーでゲームの予習をしているベンがいた。

f0097272_0524171.jpg
[PR]
by gakuandben | 2007-03-11 01:02 | 自閉症に関して
Mostly from Japan
こちらのテレビを見ていると、日本では見られない、処方箋薬のCMというのがある。

ぜんそく、アレルギーの薬や、バイアグラ、ピルまでのあらゆる最新薬が、ナイスなイメージ映像とともに宣伝され、「Ask your doctor」という締めくくりとなる。というのも店頭で買える薬とは違い、医師が処方しないと買えないことから、「かかりつけのお医者さまに、処方してもらうように頼んでみてください」と、患者にお願いしているコマーシャルということになる。

昨日は最近良く耳にする薬の宣伝を見た。インフルエンザにかかって寝込んでいる美女が薬を飲むと元気になり、窓辺で金髪を風にたなびかせてにっこり、窓の外は一面の大草原というお約束の展開なのだが、その宣伝薬は「タミフル」。

日本からのニュースで怖い話を知っている者にとっては、びっくりするほど実際に起こっているいることからかけ離れたコマーシャルなのだが、その映像はインフルエンザにかかったら、すぐにでも医者に処方してもらいたくなる出来映えだ。

知らない事は怖いなと思う。日本国内だけでもあれだけの異常行動が確認されているのにもかかわらず、アメリカでは何の情報も無いまま、さわやかなコマーシャルまで放映しているのだから。日本だ使用禁止になれば、他国の認可にも大きな影響を与えるのだろうが、厚生省が注意喚起として発表したのは「未成年が服用後は一人にしないで、行動に注意してください」。製薬会社との間にどれだけの利害関係があるのかはわからないが、それにしても冗談のようにいいかげんな対応だ。

そんな注意は聞いた事がなく、「この薬を飲んだら自傷行動で死んでしまう可能性がありますので発売中止にしました」となるのが当然の成り行きで、もしこれが車の欠陥なら、間違いなくリコール、危険なおもちゃなら即回収、不二家のお菓子でさえ、全部店頭から消えたというのに、この恐ろしい薬がまだ処方される可能性があるというのが凄い。


僕ら自閉症者の親は現実と向かい合いながらも、いつも心の隅に「何故」という疑問を持ち続けている。それは、病気のように治る新薬が出来ることへの期待であるとともに、もし原因があるならば、少しでも取り除いて楽にしてあげることが出来ないものだろうかという熱意によるものだろう。だから、自閉症の研究でよく言われる遺伝、環境や食べ物、予防接種や電磁波に至るまで、一体どういった組み合わせで起こったことなのかがとにかく知りたい。

それでも、未だミステリーだらけである自閉症の原因に比べ、タミフルの異常行動は薬のせいだけでは無いにしても、何らかのコンビネーション脳に異常をきたす事はわかっているのだから、遥かにわかり易い原因だろう。

どうして、認可を取り下げることが出来ないのか?こうした状況を見てみると、義務付けられている予防接種などでも、実は自閉症との関連があるのがわかっているのに、平然と使われているのかも知れないなと、不安になってしまう。

タミフルのホーム・ページを見てみると、プロテクト・ユア・チルドレンという欄がある。自傷行動についての注意書きかと思いきや、「あなたのお子さんをインフルエンザから守りましょう」という内容で、服用が予防にもなるという内容。肝心の注意に関しては下の方に小さくクリックするところがあり、そこにリンクするとこちらではおなじみ(都合の悪いことは異常に小さいフォントで表示されている)の小さな字で「服用後に自傷行動、幻覚症状を起こした例があります(大部分は日本)」とレポートされていた。

日本人であることが問題なのか、日本の環境が問題なのか、アメリカでは大丈夫だと思いますよということなのか。

知らないことは怖い。
f0097272_2259355.gif
[PR]
by gakuandben | 2007-03-05 23:07