ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
You are teasing me
用事でベンの学校に行ったついでに、こっそりと教室を覗きに行った。親の来校はアポなしでいつでもOKというのがポリシーであるだけに、いつ行っても「Hi,Mr.Takanashi How are you ?」と先生方が暖かく声をかけて下さる。

ベンは算数の授業中ということで、小さめの教室に8人ほどの生徒が座っていたのだが、何故かベンだけが立っており本棚の本を立ち読みしている。先生に
「授業中に勝手な事をしていてすみませんね」と言うと「ああ、いいんですよ、時々やってまた戻りますから」と、やさしい言葉。

しかし、そんなベンに目をつけたクラスメイトが「おいベン、おまえの親父が来ているぞ!本なんか読んでいて良いのか?」とからかう。ベンは僕の方を見て「Hi Dad」と言うのだが、続けてその友達に向かい「Hey, Don't say that. You are teasing me」(黙れ、からかっているのか)と言い返している。

以前では考えられないベンの反応に驚くとともに、いつもは全く自分の世界に生きているようで、ある意味とてもコネクトした世界に生きていることに気づかされた。一体ベンのコミュニケーションというのはどうなっているのだろう?

言われたら、言い返すスタイルはまさにニューヨークの人そのものだ。どんなに自分に非があろうとも言い返す。


年末に良く仕事をするエージェントの女性は、雇ったミュージシャンにクライアントから今後の仕事を横取りされることを異様に恐れており、常に言い合いの原因となる。

「ミュージシャンはクライアントに決して個人のカードを渡しては駄目。私の会社のカードを渡しなさい」

「それはわかっています。僕らはただ、クライアントに名前を伝えただけで、それも向こうからのリクエストだったんです。カードを渡したわけでも、電話番号を教えたわけでも無いんですから」

演奏を気に入ってくれたクライアントが次回も同じミューシャンを雇いたいために名前を確認することは良くあるのだが、それはエージェントである彼女にとっては直接仕事を取られてしまう恐怖であるようなのだ。

とにかく吠える、とりあえず文句を言うのは精神安定剤のような役割をしているのかと思い、最近はあまり真剣に受け止めないようにしている。そして、電話にもすべてメールで返事をすると、比較的落ち着いた状態を取り戻すのだ。

コミュニケーションとは文句の言い合いから始まっているのかも知れない。

f0097272_148115.jpg
[PR]
by gakuandben | 2007-12-26 01:48
Quality of Life
「私が死んだ後に、家賃の支払いやトイレの世話は誰がやってくれるのかと思うと。どうすれば良いのか見当もつかないんです」

「持ち家なんですが、私が死んだ後に誰かが息子のためになるようにお金に変えてくれれば良いのですが」

真剣に自分の死んだ後の話をしているのは、皆障害児を持つ親たちだ。

ベンの学校で開かれたワーク・ショップは大手の生命保険会社であるメット・ライフが主催する障害者を持つ親に対してのもので、専門のスタッフがそれぞれのケースをもとに、障害者扶養に関する知識を深めるといったもの。

メット・ライフ・デスクという専門の部門があり、カウンセラーの半分以上が実際に障害児を持つ親、それ以外も障害者サービスに従事した経験のある方だそうで、親身になって解説してもらえるのも納得がいった。

講義の内容はトラスト・ファンド(信託基金)を作り障害者が受取人になるように設定することにより、衣食住をカバーする国からのベネフィットを受けながらも、賄えない部分である教育や、趣味、旅行などの経費を残すことが可能になるというもの。説明用のボードには「クオリティ・オブ・ライフ」と書かれ大きく赤丸で強調された。

ポイントになっているのは、単に銀行などにお金をセーブするだけでは所得と見なされてしまい、課税対象となるばかりか障害者ベネフィットも受けられなくなってしまう可能性があるという点。

信託にしておけば、親が死んでしまった後も決められた条件に見合った事由であれば、その時点での介護人が障害者の生活クオリティの向上の為のみにお金を引き出すことが出来るというわけだ。

メット・ライフがこのワーク・ショップを開く理由は、信託として残しておく財産に生命保険が好都合だからで、最後には「是非これを機会に生命保険に加入しましょう」となるわけなのだが、それにもかかわらず人助け的要素の強い気持ちにさせられるのは、カウンセラーの方の情熱が伝わってくるからなのだろう。

遺言を作っておく為の弁護士を紹介する機関や、18歳を超えても保護者でいるための書類の作成方法など、障害者の親がこれから直面してゆく問題に対する整然とした説明を聞きながら、僕はいつも心の中に抱えている将来に対する不安が和らいでゆくのを感じていた。

一生懸命に聞いていたお父さんが「knowledge is power」と一言。そこにいた誰もが、確かにその通りの気持ちになっていただろう。

f0097272_148038.jpg
[PR]
by gakuandben | 2007-12-18 01:48 | 自閉症に関して
ジョンの願い
アパートのあるイースト側からセントラルパークを横切り、噴水をこえるとドラムやギターの音が聞こえはじめてくる。ストロベリー・フィールドはウェスト側だが、夜の公園を横切ると以外に近く感じる。

闇の中に浮かび上がるろうそくの火がだんだんと近づいてきて、大ファンである次男も興奮しきり。ジョン・レノンの命日は毎年のように人々が集まり、皆1日中合唱をしているのだ。

ビートルズの曲の中でもジョンの曲に限っているようで、次から次へと飛び出すレパートリーには僕のようなにわかファンが知らないようなものも多いのだが、合唱の途切れることはない。

おまけに2つのバンドが至近距離で演奏しているので、バンド合戦状態になっている。交代にするなど互いに少しは遠慮しても良さそうなものだが、それぞれのバンドが合唱する人に囲まれることにより、輪の中はスタジオ状態になっているものと思われ、外から見た心配は熱気に包まれた内部では全く無縁のようだ。

輪の中に加わるスペースもなく、僕らは遠巻きにろうそくを掲げる。毎年増えてゆく人の多さにまるで70年代の映像を見ているかような錯覚に陥るほどなのだが、そのほとんどがジョンの没後に生まれた世代なのだった。


世代を超えた音楽を共有する素晴らしさを実感する。ビートルズはその代表格であるとともにインターナショナルなものでもあり、英語以外の言葉も多く聞かれた。

ただ、ジョンに関して特別なのは単に音楽へのノスタルジーにとどまらず、残されたメッセージが今を生きる若い世代へ強く働きかけている点だろう。イマジンで歌われたような壮大なテーマは少しも達成されることはなく、未だに同じことが繰り返されている状況を彼らはよく知っているのではないだろうか。

ひとしきり平和集会のような雰囲気を味わった後、ストロベリー・フィールドを後に静かな夜の公園へと歩き出すと、次男が「That feels like make me cry」と言う。「何故?」と訊くと、「あんなにたくさんの人がジョンのことが好きで集まるなんて、泣けてくる」と。

なるほど、そういう感動の仕方もあったなと思い「それは凄く良い考え方だね」と褒める。しかし、それは忘れかけていた皆で気持ちを1つにする感覚を思い出させてくれる一言であり、ジョンが望んでいたことそのものだった。


ろうそくを持つのを恐がり、地べたに座って大人しく成り行きを眺めていたベンは、誰ともぶつかる心配のない平和な夜の公園を自由に歩いていった。


f0097272_5724100.jpg
[PR]
by gakuandben | 2007-12-12 05:08
Memories in Tube
YouTubeのお陰で、ありとあらゆる映像が思いつくままに見れるようになった。懐かしいミュージック・ビデオや動いたところを見た事も無かった伝説のミュージシャンと、頭の中の情報量は飛躍的に大きく膨らみ続けている。

当然のことながら、情報を絶えず受け入れていたいベンにとってこれほど楽しいものはない。あまりの興奮度合いに一時は禁止していた動画サイトだが、いつの間にかなしくずし的に見ても良いことになっており、今や完全にテレビにとって変わるものとなった。

いくらでも続けて見返すことのできるこのシステムを、自閉症のスピリットが放っておくはずも無く、彼らの好みも電話帳からテレビ、ビデオそしてユーチューブといった時代の流れととともに進化しているのが伺える。

そんなベンが最近見つけて見ているのが、赤ん坊の頃に毎日欠かさず見ていたビデオ、「キッズ・ソング」。何度も何度も巻き戻しては見ていた映像は、とびきりチージーな歌のお姉さんと子供たちが演技をしながら歌うというもので、曲はアメリカの幼稚園で歌われるもののオン・パレード。

「何故ベイビー・プログラムを見ているんだ?」と訊くと、「Ben loves memory」と答える。確かにベンは思い出好きで、アルバムやコンピューターにセーブしてある写真を見返してはにこにことして興奮したりしていることが良くあるのだ。

トイザラスに行っても、ベービートイの棚の前でおもちゃを楽しんでいる事も多く、「また、ベイビーに戻りたいのか?」と意地悪を言うと、「No, I am teenager!」と言い返してくる。

学校の先生に相談すると、「それは皆が普通に持っている感覚で、大人になったからという自覚によって隠しているだけなのでしょう私も今でもぬいぐるみが好きですよ」とおっしゃる。

もちろんこれは女の先生だが、男の僕でさえ、ぬいぐるみは可愛いし、確かに人からの見た目で好みをアジャストしているという事はあるだろう。特に子供の頃は、もう○年生だから○○をするのは恥ずかしいというのは良くあった。

見た目などは全く問題にしていないベンにとって、ベイビー・トイは未だに楽しいものであり、メモリーを呼び起こさせてくれるのは「キッズ・ソング」のビデオでもある。

「Home home on the range~」と声高らかに歌う14歳はちょっと居ないだろう。日本なら、「ウサギ追いしかの山〜」という事になるのだろうか、外で歌うとちょっと人目をひくが、どちらも良い曲だ。

という僕も、YouTubeで昔見たドラマを見つけて涙しているのだった。


f0097272_15521478.jpg
[PR]
by gakuandben | 2007-12-05 15:56 | 自閉症に関して