ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
Travelin' Light
3日間フィラデルフィアでの子供ショーの仕事の最終日、子供たちを連れてゆくことにした。

朝の8時前には出発。車で片道2時間ほどの距離だが、連続するとなかなかキツい。3日目に子供と一緒というのも居眠り運転防止にもなり、楽しくドライブすることが出来て、子供が成長してくれたことの有り難みを感じる。

ベンはいつもと違った街に行く事をとても楽しみにしてくれた。ベンは都会なら基本的に何処でもハッピーで、少なくとも田舎やリゾートに行くよりは安全な選択なのだろう。

仕事先の子供博物館でも大人しくしていてくれて、僕に代わってベンを見ていてくれる弟のヘルプもあり無事に仕事を終える事が出来た。3回のショーの合間には、もちろんフィリーチーズステーキをお昼に食べて大満足の様子。

片付けを終えると4時を過ぎてしまったが、隣の博物館でスターウォーズ展ツアーをやっていたので見てゆく事にした。

弟の方が大ファンであることもあり、こんなにすばらしい特別展示を見逃すわけにはゆかない。ベンはあまり好きでは無いのだが、映画が好きな事には変わりないので嫌がらずに着いてきてくれそうだ。入場券は6時からのものしかないのだが、待つのを覚悟で買う。

いつもなら待つというだけで躊躇してしまうところだが、今日は弟の方にも何か楽しみをつくってやりたいという気持ちも大きく、ベンにも納得してもらうつもりでの決断だった。

ベンが途中で騒ぎだしたら弟だけ残して先に出れば良いとか、色々な事を考えるのだが、そんな心配は全く無用で特別なツアーやレクチャーがあるわけでもなく、自由に展示物を見て回るだけのもので2人ともそれぞれに楽しんでいたようだ。

ハングリーを連発し始めたベンに急場しのぎのM&Mを与え、夕食は高速のサービスエリアで買う。ヘッドライトが行き交う車の中でチキンをモサモサと食べながら、アメリカ中をドライブして生活するキャラバンファミリーの気分になった。

f0097272_15111675.jpg













                      ロッキーの階段を上る
[PR]
by gakuandben | 2008-02-25 15:13
Rebel Without a Cause
テレビドラマに登場する自閉症者は、きちんと型通りの生活をして、パニックを起こさない限りは物静かな人物であることが多い。

これも1つのタイプなので決して間違ってはいないのだが、自閉症者のイメージとして一般の人が持つのは恐らく殆どがこういったレインマン的なものだろう。

もっともレインマンは特定の分野に限って天才的な能力を持つ「サバン症候群」なので、自閉症といってもさらに稀にみるグループになる。自閉症に起因するという説もあるが、高機能自閉症者なら誰もがそういった能力を持っているかのように勘違いされている場合も多いのだ。

さて、ベンはどうかというと前途した記述に全くそぐわない自閉症のタイプで、
簡単にいうと自由奔放型とでも名付けようか? 形式めいた事もするにはするが、意外にフレキシブルで絶対に○○でなければならない的なものは少ない。

笑わないわけでもないし、無表情でもない。感情表現は必要以上にあるような感じさえする。そんなわけで、小さい頃には全く自閉症の兆候にあてはまらないように見え、言葉の遅れと言われ続けてきた。そして、それは確かに今を持ってしてもあてはまっていないのだった。

ベンが自閉症であることの決定打は、自分以外の世界との交信が無くなってしまう事。はまり込んでしまうと夢の中にいるようになってしまう。昨日は学校に迎えにゆくと、読み書きの先生が最近のクラスでのベンの様子を教えて下さった。

「ベンは好きな勉強以外はやりたくないようで、最近は私が質問しても上の空でいることが多いですね。宿題もやっていないようですし」。先生は苦情を言うというスタンスではなく、ベンのことを一生懸命に考えてくださっているからの発言だというのが話し方から受け取れる。

宿題は必ずやってゆかないと気が済まないベンだったが、ここにきて状況が変わりどうでも良いことになってしまったのか、単に忘れてしまっているのか。どちらにしても好きでないことをやらないで済ませてしまうという考え方に基づくものには違いなさそうだ。

がっかりした気分にさらに追い打ちをかけるように、担任の先生はベンが怒って机を叩いたり、蹴り飛ばしてしまったという話をして下さり、状況は穏やかではないことを知った。

自由奔放型と名付けた通り、感情のおもむくままに行動してしまっているようで、自分の中でのルールはおろか、社会の規律を乱すほどの傍若無人ぶり。即座に先生の前で注意したが、事の重大さに気づいたのかベンは「I’m sorry」と先生と僕の両方に言い続けている。

思春期における感情の起伏がそのまま行動に現れているようで、さらに話を聞くと、気に入らないことがあるとゴミ箱を蹴ったり、何もしてもいない友達が自分のことをからかっていると思い込んで言い合いになったりということもあったそうだ。

理由なき反抗?

やれやれどうしたものかとため息をついていると、夜も11時をまわりベンが「Good night, I’m doing good job」と言いにくる。しばらくして部屋を覗くとBill EvansのWaltz for DebbyのCDを聴きながら寝ているベンがいた。

どちらも寝る時の平和な儀式だった。


f0097272_322177.jpg
[PR]
by gakuandben | 2008-02-10 03:02 | 自閉症に関して