ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
行ってしまったバスの後
小さな頃からあいまいだった、IとYOUの関係はベンの言葉の理解にとっての大きな難関のようで、今も続いている状態だ。

「Can I come with you ?」 (一緒に行ってもいい?)は頻繁に使われるフレーズだが、ベンは「Can I come with me ?」と言ってしまう。

確かに、「私」と「あなた」の関係は、主となる人がいてこそ成り立っているために主となる人が常に変わってしまい、He や she または名前のように普遍のものではないところに問題がある。


学校のバスに乗り遅れたベンを連れて、天気のよい朝の街を2人で歩く。雨上がりの清々しさも手伝ってか、ベンがナイスな事を言ってくれた。
「Dad, I love to walk to school with me」

?

「ベン、meじゃなくてyouだろ?」と言うと即座に言い直すのだが、これだけの年数を間違え続けているということは、よほど頑固な論理なのだろうと察する。もしかするとホントにyou無くてIで、ただ自分のことだけを言っているだけだったりするかも知れないなとも思ったこともあるが、指摘をすれば言い直すのでそういうことでもなさそうだ。

せっかく相手に対して良い事を言っているのに間違っていてはもったいない。名前と照会して説明しようと思い、「ベン、Iはベン、Youはガクなんだよ。もしダディが言ったらIはガク、Youはベンなんだ。」と力説すると「OK Dad」といつもの返事だが、考えて理解した様子でもない。

今回もベンが自分で理解するのを待つことになりそうだが、その目の奥には可能性の光も一杯入っていて、そんなナイスな一言を言ってくれるベンを愛おしく思うのであった。

春風にのった雨上がりの街の匂いは緑色で一杯だった。

                              

f0097272_14222012.jpg
[PR]
by gakuandben | 2008-05-28 14:24 | 自閉症に関して
活かされた時間
ベンはステージにあがると、にこにこしながらギターを弾きはじめた。3つのコードと音だけで演奏できる「ルイ・ルイ」だ。

2人だけの演奏だが、もう一人の子がコードを弾けるので、ベンは単音3つを弾くだけで何とかなっている。

幼稚園児から高校生までの自閉症児が一同に集まっての学芸会は、今年もそれぞれが出来る事を一生懸命にやっていた。

どうしたって比べることの出来ないこのパフォーマンスを見ていると、表現することの純粋な喜びが目の前に広がってくる。

車いすに乗った高校生の女の子は、アリシア・キースの「No One」を歌った。無心に歌う表情は幸せに満ちあふれていて、聴いている側の気持も彼女の喜びに合流してゆくのだった。

パフォーマンスを見ていると、本当にそれぞれに違った自閉症の症状があり、単に障害を持っているというだけの観点に加えて、それぞれの障害を考えさせられる場面でもある。

ある生徒は自閉症に関してのスピーチを何のよどみも無く読み上げ、先生やスタッフに感謝の辞を述べるが、客席ではステージに上がることもままならず、スタッフと一緒に座っていなければならない生徒もいるのだ。

だからクラスがあっても、それぞれの能力に合わせて結局は一人一人に対応してゆく必要があるわけで、先生方の努力も大変なものに違いない。

今後、自閉症教育の専門家がたくさん必要になってくるのは間違いないし、スタッフを減らさない為の予算を確保しておくことは、彼らの将来にとって絶対不可欠だろう。

幼稚園クラスの演技を見ていて、ベンが小さかった頃の事を懐かしく思い出す。皆がそれぞれに、それぞれの方法で成長してゆくのだった。                     

f0097272_3555939.jpg
[PR]
by gakuandben | 2008-05-22 03:57 | 自閉症に関して