ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
化ける楽しみ
ハロウィンは子供にとって楽しく、大人にとっても変装願望とちょっと無礼講な雰囲気を楽しむ行事としてアメリカ文化に根付いている。

クリスマス・ストアー同様、ハロウィンの為に1年中オープンしている店があるのがそのイベントの大きさを物語っているのだが、そのイベントも15歳で正真正銘ティーンとなったベンにはもう子供じみた行事となってしまったように思えた。

小学校くらいまでの子供がスパイダーマンなどの衣装をつけてはしゃぐか、完全な大人が、おふざけの仮装パーティとしてパーレーツやドラキュラに変装したり、時事を反映させたヒラリー・クリントンやサラ・ペイリンになるというのはよくある。

ティーン達には丁度隙間の年齢となっていてちょっと恥ずかしいのではないかと考えていたのだが、これまた大人の影響でティーンの間でもパーティは開かれることが多いようで、キャンデーを貰いに行くという昔ながらの子供のハロウィンとは違う大人っぽい楽しみになっているようだ。

しかし、人目など気にしないベンにとっては、たとえもうすぐ15歳の誕生日を迎えようとしていてもハロウィンには仮装をして、キャンデーを貰ってという気持は変わらないようで、ベンの通うアフタースクールから、「土曜にハロウィンのパーティーをやるのでコスチュームをつけてどうぞ」との連絡があったときにはすっかり行く気になっていた。

数日間どうしようか迷って「急に言われてもコスチュームがなあ」と思って妻に相談すると、ドラッグ・ストアに売っているモンスターのマスクを買えば良いという事になり、上手い具合に大掛かりではないマスクだけという簡単な仮装をして次の日パーティに行く。

そのマスクは良く出来ていて、予備知識なく見るとかなり怖い。いつも鏡が大好きなベンはそんな恐ろしくなった自分を鏡に映し、しばし楽しんでいた。

僕はそんな姿を見ながらベンのハロウィンは歳に関係なく仮装して遊ぶことにしようと思っていた。

f0097272_693748.jpg
[PR]
by gakuandben | 2008-10-29 06:25
イタリアのしんちゃん
随分と前に、ベンがキュリオス・ジョージを大好きである話を書いたのを覚えている。

YouTubeのお陰でビデオやテレビ放映ならずとも、あらゆる番組が見れるようになり、言語の壁までもを乗り越えての選択が可能になった今、ベンが気に入ったのは「クレヨンしんちゃん」。

誰が教えるわけでもなくベンがたどり着いた「しんちゃん」はジョージに替わるお気に入りとなり、部屋からはあのしんちゃんのだら〜っとした声が聞こえてくる。

どういった点に興奮するのか、時に手を叩いたり、ロッキングをするのであるが、どうやらそれはしんちゃんのする失敗や、それに続いて引き起こされるドタバタに共鳴しているようで、そこにはちょっとジョージとの共通点がある。

というのも、ベンは今でも幼児の泣き声に敏感で、本屋や公園などでも子供が泣いていると近寄って行ってしまうことが良くあることにも関係しているように思えるからだ。

以前は手を出してしまうのではないかという程近付いたり、触ってしまいそうな事があったので、本屋などで子供の泣き声が聞こえるとその方向に飛んでいったものだが、最近では遠巻きに微笑みながら見ている程度になったので少し安心している。

特に耐えられない苦痛の音であるということでもなく、それによってイライラが引き起こされるという訳でもない。何かを興奮させるスイッチが入るようでどうしても行ってしまうという感じだ。

ベンのドタバタ漫画好きとの共通項は、どちらもトラブルを見るというところ。
ジョージもしんちゃんもトラブルの連続、そして子供の泣き声はトラブル発生のサイレンのようなものだ。

僕らには人の失敗を見て、ちょっと面白く思う悪魔のような心が潜んでいる。本能的な部分でそんな心と、興奮することへのつながりを探ってしまうのは少し考え過ぎだろうか。

YouTubeで見るまで知らなかったのだが、「しんちゃん」は英語は勿論、イタリア、韓国、中国でも放送されており、ベンは時々違う言語のバージョンを見てこれまた興奮している訳で、原因は言葉のやりとりではなく事象そのものにあることに間違いなさそうだ。

無論こちらが考えている程の事は到底及びもつかない様子で、今度は「ちびまる子ちゃん」そして何故か「サザエさん」と突き進んでゆくベンなのだった。


[PR]
by gakuandben | 2008-10-15 08:25 | 自閉症に関して
口のあたる場所
子供の食べる物が熱くないか、硬すぎはしないかと親はちょっと食べてみる。
赤ちゃんの頃なら当たり前。少し大きくなってからでも確認を兼ねて子供の食べる物をチェックしてみることはよくある事だろう。

だから当然な感じで、つい子供の食べ物は自分の管轄下にある気になってしまう。

ベンと2人でのランチの時、ケチ心を出して1つしか頼まなかったフリーリフィル(おかわり自由)のソーダを飲んでいたベンに「少し飲ませてくれ」と頼むと、おかわり自由なのにもかかわらず「Don’t drink too much」と言う。

「何だ、こいつはケチな奴だな」と自分のことは棚に上げて飲んでいると、ベンはじっとコーラを見ている。意地悪心が湧き出て、ストローから見えるコーラが途切れないように飲まずに吸い込んでいると、「STOP ! You drink too much」と言い取り返しに来た。

自分の手元に取り戻したソーダに対してベンが最初にしたのはナプキンを使って僕の飲んだストローの先を拭くことだった。続いて鼻を近づけて匂いまでもを確認している。

「何だよ、そんなに不潔な事したわけでも無いのに、大袈裟だな」と思うのと同時に何だか親なのに、他人扱いされた感じが心に涼しい。

そういえば、僕も似たような事を母親にしたことがあったな、と思い出したのは、やはり母が僕の飲んでいたお茶を飲んだときに、「何で僕のから飲むんだよ〜」と言った時の記憶だった。

「何で〜、いいじゃないよ〜」と少し動揺気味の母を見て、僕は逆に自分が凄く申し訳のない事を言ってしまった気になり、母が気の毒に思えてしまったのだったが、それもちょうど今のベンと同じ中学生位の年齢だったように思う。

僕も少し動揺したのか、妻に話をすると「あはは、でもそれでセルフ・ハイジーンの問題は心配なさそうね」と明るく答えてくれた。

Self Hygieneは、自己の衛生感覚についての意識がしっかりしているかを発達の過程で常にチェックされている事項で、学校でも家庭でも事あるごとに注意している。確かに人の口をつけたストローが不衛生であると理解している点は素晴らしく、喜ぶべき出来事なのだった。

少し寂しさの残る後味を感じながら、いまだに僕の飲み物を「口着けて無いから、ほら、ね、見て」と言い、いつもグラスから口を離して飲む母親の事を不憫に思っていた。



f0097272_27442.jpg
[PR]
by gakuandben | 2008-10-07 02:22 | 自閉症に関して