ニューヨークでミュージシャンとして活躍する一面、自閉症の子供と向き合う現実との戦い
by gakuandben
カテゴリ
まずはここから読んで下さい
このサイトへの連絡先
お勧めサイト
自閉症に関して
推薦文・プロフィール
タケカワユキヒデさんから推薦を頂きました!
 「自閉症の子供を持つ親が勇気づけられるだけでなく、自閉症のことをよく知らない人たちにとっても、とても意味のあるエッセイだと思います。
 また、生のニューヨーク事情も知ることもできる。なんとも、幾重にもお得な素晴らしいエッセイです。

プロフィール
高梨 ガク
64年東京生まれ。ベーシスト。18歳でプロ・デビュー後、90年に渡米。ソウル、ジャズ系の音楽を中心に幅広い音楽活動を続ける。ポリスターより自己のバンド
『d-vash』(ディバッシュ)”Music Is”が発売中。
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
ニューヨークスタイル
ボーカンシャ ~『ニュー...
プロ女子アメフトプレイヤ...
ニューヨークの日本酒事情...
ライフログ
NYの総合情報サイト
www.amedori.net
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
YES, YOU CAN
リハーサルの後にタイムズ・スクエアを通りかかると、丁度オバマ当選が確定したところだった。

ブロードウェイの中州部分に作られた特設シートでは大スクリーンに映し出された結果を見て大歓声が沸き起こり、通りがかるタクシーやトラックはホーンを鳴らして大騒ぎだ。

興奮さめやらぬ中に行われたオバマ氏の勝利演説の中で、ほとんどのニュースが省略してしまった聞き逃せない部分が、朝日新聞の全訳文にあった。

「(今日の選挙結果は)若者と高齢者、富める者と貧しい者、民主党員と共和党員、黒人と白人、ヒスパニック、アジア系、先住民、同性愛者とそうでない人、障害を持つ人とそうでない人が出した答えだ。」

アメリカという国の成り立ちを再認識させるこの下りで、障害者のことに触れてくれた嬉しさというのは文章で読むよりも、空気を伝わった音で感じ取る方が実感がある。この部分を聞いていて鳥肌の立つ思いをしたのは僕だけではなかっただろう。

文字になったものを見てみると、つまりはすべての境遇の人にあてはまる訳なのだが、オバマ氏の言い方には淡々としながらも、含まれて当然であるという信頼と暖かさが感じとれる。

ベンの学校の集まりで、もうすぐ18歳になろうとする自閉症の息子さんを持つ母親が、「知的障害者にも、選挙権はあるのですか?」と質問すると、全ての先生が声を揃えて「勿論ですよ」と答えていたのを思い出した。

「障害を持つ人とそうでない人」という紛れもなくシンプルな2つの種類は、どちらかを比較する余地もないほどに平等であり、それぞれが請け負ってゆく使命を果たすべく努力をするまでである。


選挙当日は選挙報道を見て、結果の出た週を色分けしてゆくという宿題をしていたベンだったが、次の日新聞に大写しされたオバマ氏の顔写真を見て「Barak Obama,  President of United States of America」と満面の笑顔で言った。



f0097272_22584091.jpg
[PR]
by gakuandben | 2008-11-10 23:07
Are you In ?
ついにやって来る大統領選の投票日。何度か経験したうちで最も面白い選挙戦は、あっという間に結果を見る日を迎えた。

候補擁立の時点から話題満載の民主党に比べ、話題性に欠ける共和党だったが、女性副大統領の起用で大きな巻き返しをはかるも、どうやら内容が追いつかなかった感がある。

ベンの学校でも、社会学習のプロジェクトとして模擬大統領選をしていて、候補者の名前はもちろん、政策を箇条書きにして投票ブースまで作る念の入れよう。結果はオバマ氏の民主党が圧勝していたのだが、実際の予想結果もそれに近い比率になっている。

学校での模擬投票の結果は親の意見を反映して実際の選挙予想を的確に表しているというデータがあるそうだが、特別学級のそれは他人の意見に左右されないさらに直感的な結果として興味深いものがある。

オバマ氏は数えきれない程の雑誌の表紙を飾り、プライムタイムのコマーシャルまで放映。対するマケイン陣営も必死に応戦するが、どちらにしても選挙への関心はいやおうなしに高まって来た。

ある友人は週末を使ってオバマ氏の決起集会に行き、ブルックリンのライブハウスは選挙当日に大型スクリーンを持ち込んで選挙結果を見ながらパーティーとなる。

とにかく、これだけの人が政治に関与する感覚は日本では味わったことがなく、選ばれた人により、知らないうちに決められてしまう総理大臣より、一人一人が投票出来る大統領というのは、実際に政治に参加している事を生で感じとれるという点において格段の差があるのだろう。

先週末、ベンの誕生会で学校へ行くと、担任の先生が僕の知らない話をしてくれた。

ベンは模擬選挙授業中、サラ・ペイリンの写真を見せると「Uh, Sara Palin. She is so beautiful」などと言っていたそうで、家では「I like Obama」と言っていたのとは話が随分と違う。

「もしかしたら、ベンはペイリンが好きでマケイン(共和党)に投票したかもしれませんね」と先生がおっしゃるので、家で訊いてみると、「I voted Obama」と返事が返って来た。

それとこれとは別のようだ。




f0097272_994194.jpg
[PR]
by gakuandben | 2008-11-04 09:09